top of page

何の種をまきましょうか?

仕事をしていると「未来の為の種まき」という言葉を

聞いたことがあると思います。

意味としては、今すぐに売り上げにはならなくても

将来の売上になるかもしれない、と思って対応しましょう、という感じなのですが、先週、交流会でのお話や別の場での友人とのやり取りで

このお話になりました。

同じような経験をされている方もいると思いますが、

仕事って不思議なもので、以前お話をした方から

1年後とかにご連絡をいただいて急に動き出す、ということが

よくあるんですね。

そういえば会社員時代には何年もアプローチをし続けて

やっとお取引きをさせていただいた例や、展示会のブースに何度か来てくれて忘れたころに発注をいただく、なんていうこともありました。

ご縁はつながっているんですよねー

僕はこんな体験を何度もしているので、目の前の方に売れればそれでOK!とは全く考えていないんです。

もちろん、今、その方に僕のサービスが必要であれば、しっかりとご提案します。問題があれば早く解決したほうがいいに決まっていますから。

ただ今のところ問題がないようでしたら必要な時に気軽に声をかけていただけたらそれでいいとも思っています。

その話をしたら、ある若い経営者の方はちょっとびっくりしていましたが

ビジネスの目的を売上を上げる事に重点を置くか?

お客様のお役立ちに重点を置くか?の意識の違いかもしれないなーと

感じました。

間違って欲しくないのは当然ですが売ることを否定しているのではないんです。売り上げはとても大切です。

売上が無ければ事業が成り立ちませんから。

では何の「種」をまくのか?という事なのですが、

結論を書いてしまいますと「人」なんです。

???

今は何を買うか?ではなくて誰から買うか?という時代です。

サービスだけを売り込んで覚えておいていただこう、というのは

基本的に難しいんです😅

ですから困った時に「あなた」を思い出していただけるようにしておきましょう、ということなんですね。

確か別のところである人が「風の時代だから人つのつながりが・・・」と

言っていましたが、風の時代ではなくても

仕事は、いえいえ社会が「人と人」のつながりで成り立っていますから

「人」とのご縁は何よりも大切です。

いずれにしても、何かの時に思い出していただけることはありがたいことですし、何かを聞きたいと言っていただけることもありがたいですよね!

ご縁って本当に嬉しいですね!


☆【まごころ営業術】講座主催

☆営業に不安のある方、営業に自信のない方向けにコンサルティングをさせていただいて

 います。あなたの今の状況に最適な方法で結果を出すサポートです。

☆講演のご依頼、企業研修のお問合せは下記までメールにてお願いいたします。

 (小規模のグループでも対応可能です)

☆【無料】お試しセッション(30分)であなたの課題や セールスポイントを見つけましょう!

◎お問合せは下記メールかDMにてお待ちしております!

≪あなたの業績を上げるアイデア、あります。≫

【まごころ営業コンサルタント】

           橋本勝彦

  Mail : taneya2019@gmail.com



閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page