大切な思い出

こんにちは。種屋の橋本です。

現在、お客様のご希望で、今まで、僕が行なっていなかった内容の

研修を作っています。

それは、コミュニケーションに関する研修です。

誰にとっても感じのいい人、そうでもない人っているものです。

お仕事関係の方や、お店の方などでもいろいろな人がいます。

相手の方を変化させることはできませんので、自分が相手の方にとって、また会いたい、と思っていただくことって大切だと思います。

このセミナーではいくつかのコミュニケーションのコツをお話ししていくのですが、僕のセミナーの特徴である実例もいつものように沢山お話しいたします。

その中で、相手の方との信頼関係を築くラポールというお話しをするのですが、どのエピソードをお話ししようかと、頭の中を棚卸(笑)したのですが、とても印象に残るお話しを思い出しました。

もう、10年近く前のお話ですが、研修で仲良くなった人から、

僕ととても合いそうな友人がいるから紹介したい、と言われました。

仲良しの人からそんなことを言われたら、断る理由はありません。

喜んでお願いをしました。

お酒が好き、というみんなの共通点がありましたので、お店を予約し、

当日を迎えました。

待ち合わせをしたお店の前に、立っている方が多分、その方だと思い、

話しかけたら、やはりそうでしたのでぎこちなくご挨拶をして

仲介してくれた人を待っていました。

しばらくすると、その方から連絡が入り、体調が悪く、病院に行ってから

駆けつけるので、先の始めてて欲しいと連絡が入りました。

こう見えて僕は人見知りですので(笑)

しばらくはお互い気を使って、ぎこちない会話をしていたのですが、

話の流れでプロ野球の話になりました。

僕はスワローズが好き。といっても、ニュースで結果を楽しみにしたり、

たまにテレビで試合を観戦するぐらいの「ライト」なファンです。

相手の方はというと、家族でユニフォームを着て球場で応燕する😊

熱烈なファンです。

ちょっと温度差はあっても、共通点ができ、さらに深い話になったのですが、スワローズの思い出の試合、という話になり、

僕は忘れられない試合のお話をしました。

その場にいたことがちょっと自慢でした。

それは、1992年9月24日。神宮球場でのカープ戦です。

その年は4年ぶりのリーグ優勝をかけ、タイガースと競っており、

負けられない一戦でした。

試合はカープのリードで終盤に差し掛かり、7回の表、

2アウトランナー1塁でバッターは4番の江藤選手、というピンチです。

そこでマウンドに向かったのは、なんと4年ぶりの登板となるあの男。

当時のスワローズファンの誰もが復活を待ち焦がれた、

荒木大輔選手です。

その日は度重なる怪我を克服して4年ぶりの1軍のマウンドでした。

僕は球場にいて、地鳴りのような歓声を体験しました。

大袈裟ではなく、球場が揺れた感じがしました。

そして周りにいた多くの人が涙を流していました。

まさか、僕の目の前で荒木投手が投げているとは!!

その試合は、荒木投手の魂のボールを受け取った古田選手の

逆転ホームランで勝つことができました。

僕にとっては、とても思い出深い日です。

で、で、です。

僕の目の前でお酒を飲んでいるさっき初めましてと挨拶をした

その人が、なんとその日に神宮球場にいたと!

全くの偶然ですが、同じ日に、同じ場所で、同じ感動体験をし、

同じように涙を流していたんです。

当然、その人とは、それからも何度もお酒を酌み交わす

大切な友人になりました。

ラポールを築く一番の方法は過去を共有することです。

自分の過去って意外に覚えていないものなので、

一度、棚卸をしてみることをお勧めします。今回の僕みたいに

素敵なエピソードを思い出すことができます。

☆弊社への講演・研修のご依頼、お問合せなどは下記までメールにて

 お願いいたします。

☆初回の面談は60分無料(月限定5社まで)で対応しておりますので、お気軽にお問合せください。 オンラインでも対応いたします。

【千の極意を持つ研修講師】

【まごころ営業コンサルタント】

 有限会社種屋 代表取締役 橋本勝彦

 Mail katsuhiko-hashimoto@outlook.jp

 HP https://www.taneya.biz/




3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

勇気

© 2023 by CONSULTING SOLUTIONS.(商標登録の例)Wix.comで作成したホームページです。

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon