モチベーションが上がる!

こんにちは。種屋の橋本です。

セミナーなどをするとも、必ずアンケートのご協力をお願いしています。

これは、二つの理由があって、一つはこちらの都合ですが、ご参加いただいた方の参考になったポイントや、次回への改善点を知るため。

90分とか120分のセミナーではいろいろな事をお話しするため、

感じるポイントは人それぞれです。

会社で働いている方と個人事業主の方では、同じ話でも

受け止め方が変わることもあります。

そしてアンケートをお願いするもう一つの理由は

参加いただいた方の復習のためです。

今日聞いたことを思い出しながら文字にすることで

更に理解が深まったり、実践している自分を想像したりします。

セミナーは聞いて終わりではなく、そこで学んだ事を実践することに

意味がありますので、何か行動を起こしていただけるととても嬉しいのです。

ですから、アンケートフォームにご入力いただくと必ず、

メールなどでコメントをさせていただくようにしています。

自社の主催ではないセミナーでは、コメントの返信はできませんが、

できるだけアンケートには目を通させていただくようにしています。

先月もリアルとオンラインを合わせてセミナーをさせていただきましたが、とても嬉しい「声」をいただくことができました。

「営業を始めたものの基礎の事は誰も教えてくれなかったので、

 教えていただいてよかった」

「橋本氏の実体験に基づいているので、分かりやすかった」

「仕事のやり方を改善したい人に聞いてほしいと思った」

「このセミナーを聞くとモチベーションが上がる!」

こういった声が届くと僕もモチベーションが上がりますね!

ありがとうございます。

またセミナーでお話したことをすぐに実践する、と宣言される方も

いらっしゃいます。素晴らしいですね!

僕は毎月、セミナーを行っています。

そして11月の日程が決まりました!

11月16日(月) 21:00~22:30

11月18日(水) 14:00~15:30 

「お客様があなたのファンになる営業の極意」(基礎編)

オンラインzoomを使って行いますので、どこからでもご参加いただけます。参加費は無料です。

詳細は添付のチラシのご覧ください。

営業がテーマなのですが、売り方とかのお話ではなく、

お客様に「信頼」される営業になるためにはどうしたらいいのか?

といった基本的な内容です。

営業職じゃない人が聞いても仕事のやり方がかわるような内容です。

そして仕事に対するモチベーションが上がります。

また、理論だけでなく、僕の実体験などを沢山お話ししますので

本などには書いていないお話しを沢山聞くことができます。

実は前回までにご参加いただいた方からは、

「この内容で無料にして本当にいいの?」

という声もいただいています。

お客様からの「信頼」が大きなテーマですが、

部署にかかわらず会社で働いている人、フリーランスでビジネスを

している人、というか人と人のコミュニケーションって「信頼」が

一番大切ですよね。

きっとこのセミナーでは、新しい気づきがあると思います。

是非、皆様のご参加をお待ちしております!

参加のお申込みは下記のフォームにご入力ください。

確認後、詳細のご案内をさせていただきます。

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdXOBMgekuMAugX6jPaCAuYBvt6oS6YFond13EMHuB1ksHPqA/viewform?usp=sf_link

「お客様があなたのファンになる営業の極意」 (基礎編) 参加申し込みフォーム各項目をご入力の上、送信してください。docs.google.com

またお問合せなどございましら、こちらまでお願いします。

(有)種屋 代表取締役  橋本勝彦

katsuhiko-hashimoto@outlook.jp

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

ニュースレターの効果

こんにちは。種屋の橋本です。 お客様宛に定期的に送るニュースレター。 うまく使うとすごい効果を発揮します。 たまに自宅に車メーカーさんや不動産屋さんなどの ニュースレターが入ってきます。年に一回ぐらい不定期的に。 担当が変わったときになどに自己紹介が書いてありますね。 一般家庭にポスティングするものは、チラシに近いものですので、 どれだけ効果があるのか?よくわかりませんが、 企業が企業向けに送る場

売れるものをもっと売る

こんにちは。種屋の橋本です。 いろいろな商品・サービスを持っていると、 売れるもの、売れないものがあります。 コンテンツをいくつも持っている場合もありますね。 営業として仕事をしていると、商品などにも自分の好みがあったりしますので、自社の商品でも好き嫌いがあることがあります。 またシーズン品や新商品など、その時に販促をかけなければ いけないものがあったり、上司は利益率が高いものを もっと販売して欲

© 2023 by CONSULTING SOLUTIONS.(商標登録の例)Wix.comで作成したホームページです。

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon