アピアランス

今日はアピアランスについて。

ビジネスの世界では、アピアランスは

「身だしなみ」といった使われ方をします。

先日のブログで第一印象が大切、と書きましたが、

相手といい関係を作っていきたいなら、アピアランスにも気を付けたいものです。

では、なにをチェックしたらいいのでしょうか?

業種によって、基準はいろいろとあると思いますが、

自分の業種、職種に合っていること。

そして肝心なのは、「相手に不快感を与えない」とうことす。

ある業種では、営業の男性がピアスをしていたら、

顧客に悪い印象を与えてしまうかもしれません。

でも、男性の美容師さんがピアスをしていたら、ファッションと

とらえる人が多いでしょう。

企業向けの営業職の場合、チェックする項目は最低限、

以下のようなことが上げられます。

男性の場合(スーツ着用)

  髪・・・ボサボサではないか?フケはでていないか?

  耳鼻・・・きれいか?毛が出でいないか?

  シャツ・・・しわだらけではないか?襟や袖が汚れていないか?

        ワイシャツの下に派手なシャツを着ていないか?

  スーツ・パンツ・・・シワシワではないか?

  ネクタイ・・・シワ・汚れがないか?

  靴・・・汚れていないか?

  靴下・・・スーツの色と合っているか? 

     (例:濃色のスーツに白の靴下はNGなど)

  ネガネ・・・レンズがきれいか?

  爪・・・清潔か?

女性の場合(スーツ着用)

  (上記の該当する項目の他に)

  ストッキング・・・派手なカラーの物ではないか?

  靴・・・スーツに合うものかどうか?

  爪・・・派手なマニキュアでないか?

  アクセサリー・化粧・・・派手なものではないか?

勿論、職場によって基準はいろいろとあっていいと思います。

自分から見て、こんな感じの人に営業に来られたら、

ちょっと嫌だな、ということをなくしていくようにしましょう。

あなたの事をどんな人か?判断をするのはあなたではなく

対面した相手なのですから。

アピアランスはちゃんと教えてくれる会社、

教えてくれない会社があります。

特に中小企業の場合、あまりアピアランスで口うるさくしても

社員に面倒くさがられる、という理由からでしょうか、

最低限の事さえも教えていないようです。

特に新入社員の方には、基準とか目安をきちんと示してあげた方が

本人も悩まないで済むのでいいのかな、と思います。

僕が以前、働いていた会社では、普段はカジュアルな服装で

勤務していたのですが、年に一度、来賓を招待しての

式典を行っていました。

ホテルの部屋を借りての厳格な式典です。

服装に関しては、最初は男性、女性とも、スーツで、としか

アナウンスをしていなかったのですが、各自が自分の基準で

判断をして参加してしまったため、一部の社員で、

・白のワイシヤツの下に派手なサーフTシャツを着てしまって、

 柄がスケスケ・・・

・紺のスーツに真っ白の靴下(中学生みたい)・・・

ということがあったため、翌年から、その日だけは、

服装に関して細かい規定ができました。

分かっているだろう、と思っても、それぞれが考え方が違うし、

受け止め方も違うので、肝心な場面ではルールが必要、と感じました。


最新記事

すべて表示

キャッチボール

こんにちは。種屋の橋本です。 会話はキャッチボールなんてよく言われますね。 キャッチボールは投げたボールを相手が取ってくれて 取れるように投げ返してくれるから成立します。 会話も同じですよね. 相手が答えられる話とか、何か反応してもらえる言葉を投げ掛けて、相手が理解し、反応を返してくれるから成立します。 仕事の場においては、特に相手に理解していただく言葉を意図的に使うことって、

目標を意識すること

こんにちは。種屋の橋本です。 人って自分が「あること」を意識すると、その情報がどんどん目に入ってくる、こんなことを感じたことはありませんか? 例えば、お昼にラーメンを食べたい、と思っていると ラーメン屋さんの看板がどんどん目に入ってくる、とか 好きなアイドルの広告やポスターがすぐに目に入る、とか。 zoomの事を勉強したいなぁと思っていたら、zoomを教えてくれる 先生に出会った、なんてこともあり

失敗を認めると成長するよ

こんにちは。種屋の橋本です。 人は誰でも失敗をします。 そう、誰でもです。 仕事をしていて部下や周りの人か失敗したき、 どのような接し方をするか?で本人の成長が変わります。 単純なミスを繰り返してしまった時などは、 思わずカッとなってしまうこともあると思います。 僕も何度も経験があります。 若いころは、ちょっと大きな声を出してしまったこともありました。 ただ、失敗を経験して、反省し考え、成功するや

© 2023 by CONSULTING SOLUTIONS.(商標登録の例)Wix.comで作成したホームページです。

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon