こんな人は伸びていく

今日のテーマは、社会人として、早く成長するコツです。

新社会人の皆様向けに書きますが、ベテラン社会人の方も

忘れてしまっていることもあれば、ご参照ください。。。

今までたくさんの人を見てきましたが、上司の期待以上のスピードで

成長していく社会人には、共通していることがあります。

一つ目は「教わり上手」なことです。

では、もしあなたが、先輩やお客様だとしたら、

どんな人に教えてあげたくなるでしょうか?

そう、きっと多くの人の答えは「素直な人」ではないでしょうか?

◎教えていただいたことを素直に聞くこと。  

   一生懸命教えた相手がしっかりとメモを取って聞いてくれると

   教える方も教えがいがあるものです。

   すでに知っていることでも素直に最後まで聞いてみましょう。

◎習ったことを素直に実行すること。

  時には自分の考えたことと違うやり方を教えてもらうことも

  あるかもしれませんが、まずは、教えられたことを素直にやってみる

  ことが大切です。もしかしたら何か理由があってそのやり方に

  なっているかもしれません。

  改善していくのは、何度かその通りにやってみてからにしましょう。

  実は教えられた通りに実行するって、プライトが邪魔をして

  中々できないものなんです。

  習ったばかりなのに、自分流にアレンジしてしまうと、成果が

  出るのに時間がかかってしまいます。

  素直に実行することが成果への近道です。

◎分からない事があったら、素直に聞くこと。

  これもプライドが邪魔をしてしまうと、聞き直すことができず

  分からないことがそのままになってしまいます。

  自分は本当は理解できていないのに

  相手はわかっているものと思いドンドン話を進めてしまいます。

  時間が経てば経つほど聞きにくくなってしまいますので、

  わからないことがあったら、その場で聞いてしまいましょう。

  自分が知らない、ということは恥ずかしいことではありません。

  「こんな基本的なことを聞ても大丈夫?」という心配をするだけ

  時間の無駄。自分が思うほど、相手は質問されることは

  気にしていません。その場で理解してしまうとストレスも

  減っていきますよ!

素直な人ほど、周りの人に気にかけてもらえて、もっと教えてあげたくなるものです。

僕も社会人になって27年になりますが、いまだにどんな相手にでも

分からないことは教えてもらっています。

最近では、教えていただく人の半分以上は僕よりも年下ですが、

皆さん、気持ちよく教えてくれています。(感謝!)

そして、早く成長する人の二つ目の特徴は、

どんどんいろいろなチャレンジをする人です。

新しい体験を重ねていくことで人は成長していきます。

特に大切なのは、「失敗」の体験。

失敗をすることで、

次は何とか成功させよう、という思いが生まれ、

成功させるために学びが生まれ、

成長していくのです。

わざと失敗する必要はありませんが、前向きにチャレンジして

失敗してもきっと、その失敗が何かに生かせる時がきます。

僕は新入社員を迎える入社式では、必ずこんなことを話していました。

「もし、新入社員の皆さんが大きな失敗をしても、会社がつぶれることはありません。 失敗したら、上司の責任、と思ってドンドンチャレンジしてください!」

そんなことを言われても、本人からしたら新しい環境で 覚えることだらけで必死ですよね。。。

でも上司が受け止めてくれるだけで安心して挑戦していけると思います。 (上司・先輩が読んてくれていたら、ぜひ、よろしくお願いします)

会社もなんでもチャレンジしていく精神を持っている人に

ゆくゆくは大きな仕事を任せたい、と思っているはずです。

仕事のやりがいって、

信頼されて何かを任されるときに感じるものです。

これは若手でもベテランでも一緒。

「素直」でいること。

怖がらずに「チャレンジ」していくこと。

いつでも忘れずに頑張りましょ!

© 2023 by CONSULTING SOLUTIONS.(商標登録の例)Wix.comで作成したホームページです。

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon