皆と一緒?

こんにちは。「あなたから買いたい!」を実現する、

まごころ営業コンサルタントの橋本勝彦です。

昨日のブログでご紹介させていただきました動画撮影の際に僕の子供の頃、どんな子だったのか?を聞かれました。

実はあまり子供の頃の記憶がないのですが、

とても頑固な子(笑)と答えていました😁

いじめっ子とまでは言いませんが学校で目立っている子に

何か言われても同感できなければ従いませんし、

それで一人になっても全然大丈夫でしたね。

無理やり嫌な事をさせられるのなら一人の方がいい😊

よく言えば自分を持っている、と言う感じすが、

協調性がないととらえられることもあったかもしれません。

またみんなが持っているから僕も欲しい、と言うことはあまりなかったと思います。

歳とともに我慢を覚えましたので😅

多少のことは心の中で我慢してそつなく対応していますが、

気質はそれほど変わらないようです。

ワンピースで好きなキャラはウソップくんとロビンちゃんですし。。。

(以前知り合いにそれを伝えたら変わってる、と言われました。

変わっている、は褒め言葉ですが🤣)

人に従うのが嫌、と言うよりはみんなと一緒になりたくないというか・・・

プロ野球などは元々ジャイアンツのファンでしたが

ある時にジャイアンツのファンは日本中にいるから

僕が応援しなくてもいいや、と思いまして

当時はマイナー球団だったスワローズに乗り換えました(笑)

同じ東京の球団だったことと当時は万年Bクラスでしたので

応燕したいと思ったんです。

僕の心にはできるだけオリジナルでいよう、とか

強い物よりも弱い者の味方、

メジャーよりもマイナー、

こんな思考がありそうです。

大手に対する反骨心とも言えます。

(へそまがり?)

この気質は仕事の場面でもプラスに発揮されています。

僕が働いていた会社は、多い時で従業員100人。

減ってしまった後の少ない時で20人(極端😅)という中小企業でしたが、量販店様の靴売り場、という限られた市場でいかにして

大手メーカーから売り場を奪うか?をいつも考えていました。

業者の中でなれ合いをしていたら大手には勝つことができません。

日本の靴市場という大きな目線では勝てないのですが、

あるスーパーの靴売り場という市場ではシェアNO1になることは

可能です。

小さな市場で大きなシェアを取りに行く戦略を実践して

確実に成果を出してきました。

(ランチェスター戦略ですね)

小さな会社ですし、業績がよかったわけではありませんから

お金がありませんので知恵と営業力の勝負でした😊

大手企業の強い所では勝負をせずに、弱い所を見つけて

ひとつずつ切崩していったんです。

もちろん自社の強みをしっかりと分析してからの戦略でしたが、

こんな戦略のおかげで誰もが知っているいくつもの大手の量販店様の

靴売り場では僕がいた会社がNO1のシェアになっていました。

もちろん、ビジネスを進めていく上での王道は外してはいけませんよ😁

自己流が正しいのではなく、効果が期待できるやり方を

やったうえで、サービスなどでオリジナリティを出していくことです。

守・破・離

まずはそのままのやり方でやって見て、

できるようになったら少しアレンジをして

それからオリジナルを作っていく。

いつでもマイナーな方に行ってしまうと売れなくなってしまいます。

本当に誰にやっていないことで成果を出すのは

一部のアーティストの方だけじゃないかな。

いずれにしても同じような仕事をしている人は沢山いますから

やるべきことをやったうえで自分のオリジナルができるようになると

いいですよね!

これは大きな事では無く、小さな気遣いなどでいいんです。

何かあったらお手紙をだすとか、

リアルでお会いする際に簡単な手土産をお持ちするとか。

気持ちはいつもオリジナルなんですね!


☆【まごころ営業術】講座主催


☆営業に不安のある方、営業に自信のない方向けにコンサルティングをさせていただいて

 います。理論だけでなく実践経験に基づいたサポートをさせていただきますので、

 具体的にやるべきことが分かり成果につながります。

☆講演のご依頼、企業研修のお問合せは下記までメールにてお願いいたします。

 (小規模のグループでも対応可能です)

☆【無料】お試しセッション(30分)であなたの課題や セールスポイントを見つけましょう!

◎お問合せは下記メールかDMにてお待ちしております!

≪あなたの業績を上げるアイデア、あります。≫

【まごころ営業コンサルタント】

 有限会社種屋 代表取締役 橋本勝彦

 Mail katsuhiko-hashimoto@outlook.jp

 HP https://www.taneya.biz/



閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示