top of page

起業した後の単価のあげ方

売上を上げるためには数か成約率か単価を上げる必要が

ありますが、単価を上げる事に苦労されている方も多いですよね。



もちろん、業種や商品によっていろいろなやり方があるのですが、

形のないサービスの場合、定価がありませんから

特に難しいかもしれません。



それで企業当初は「この仕事を始めたばかりだから」と思って

相場よりもかなり安い価格を設定することが多いかな。



もちろん最初はそれでもいいのですが、

せめて一般的な価格(同業の相場)に早くしていきたいですよね。


そうしないと忙しくなるばかりで売上が上がってこない

「こんなに働いているのに~」となってしまいます😅

(それでもご依頼があるだけいいかも)



ですので最初の安い価格設定は自分で◎◎人まで、と決めておくと

いいでしょう。


最初に宣言してしまうこともありです。


「モニター価格!先着◎◎人限定!」としておけば

価格改定をしやすくなります。



これは自分の経験値を上げるためにはやるのはいいのですが、

お客様はあなたがその仕事を始めたばかりかどうか?は

わかりません😉


経験値は知らないけど「あなたに頼みたい」と言ってくれているのは

忘れないようにしましょう!

安いから売れたのかどうか?はわかりません。




そして価格を上げた後は極端な価格交渉には応じないことですね。



タイトルに書いた「やせ我慢」ですが、目の前の低単価の売上を

追っていると本来対応したい価格の案件に出会うチャンスも

減ってしまいます。



そして何より、大きな価格交渉をしている人って

結局、後からいろいろな注文を言ってきたりして

トラブルになることもあります。



ですから低価格の仕事の依頼はグッと我慢して

本来の価格のサービスをどうやって販売するか?を考えたほうがいいですね!



これは以前書いたかもしれまんがスケジュールも同じです。


「いつでもいいですよ!」よりも

「予定が入ってしまっているので2週間後でご都合のいい日はありますか?」の方が価格が上がります。



いつでも話せる暇に人との単価と

予定が詰まっていて2週間後しかお話ができない人の単価は

同じでしょうか?


予定がたくさん入っている=売れている人の

ブランディングができます。



今日書いたのはいくつかの例ですので、

あなたの今の状況などによって変わってくることもあると思いますが、

目先の事ばかりを追い続けると価格は上がりにくいので

どうすれば価格を上げることができるのか?

いつも考えるようにしましょう!



☆【まごころ営業術】講座主催


☆営業に不安のある方、営業に自信のない方向けにコンサルティングをさせていただいて

 います。あなたの今の状況に最適な方法で結果を出すサポートです。


☆講演のご依頼、企業研修のお問合せは下記までメールにてお願いいたします。

 (小規模のグループでも対応可能です)


☆【無料】お試しセッション(30分)であなたの課題や セールスポイントを見つけましょう!

 お申込みはこちらから!


◎お問合せは下記メールかDMにてお待ちしております!

≪あなたの業績を上げるアイデア、あります。≫

【まごころ営業コンサルタント】

           橋本勝彦

  Mail : taneya2019@gmail.com




最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page