top of page

読まなくなった本、どうしていますか?

何度も読みたい本と一度読んだら終わりの本があります。



何度も読みたい本は保管場所を作ればいいのですが、

一度読んだらもういい、という本をどうしていますか?



多そうなのがブックオフさんをはじめとする

古本買取のお店ですね。


僕も以前、一度だけ買取で利用させていただいたことがあります。(自分が買う方ではたびたび利用させていただいています)



買取の基準はタイトル、キレイかどうか?発売の年などですから

家で溜まっていた本を処分してもほぼ値段が付きません。


なのでお金、というよりも

捨ててしまうなら誰かに読んでもらえばいいかな、という

感じでしょう。




もうひとつはオークションサイトでの販売です。



こちらは自分で値段を付けられますが、

市場の原理で欲しい人がいなければ買う人はいません(笑)

また人気のない本は値段は下がります。

それでも売れるかどうかはわかりません。



また慣れていないと出品や発送が面倒です。



実は年末に整理して不要と思った本が数十冊ありまして

メルカリに出そうと思っていましたが、

面倒なので放置しています(笑)




少し前の事ですが知り合いとこんなお話しをしていたら

その知り合いは「資源回収」の一択、という答えでした。



まぁメルカリに出したところで大きく儲かるわけでは

ありませんが意外な答えでした。


それで理由を聞いてみると

市場に再度流通させても著者さんにお金が入らないから、という

事でした。



確かにそうだ!!



僕も出版をしている知り合いが何人もいますが、

どうしてもその本を読みたければ本屋さんで買えばいいんですよね。そうしたら著者さんや出版社さんにお金が入ります。




これにも考え方が二つあります。



一つは先ほど書いたように著者さんの印税収入などの

権利は守られるべき、というもの。



そしてもう一つは古本屋さんでもオークションでも

市場に商品が残っていたらその著者さんの事を

知ってもらえるチャンスが残る、というものです。




これはどちらも著者さんにメリットがありますよね。



いずれにしても本を買えば買うほど

いつかはどこかで整理しないといけません。




今の僕の本は一部オークション、一部資源回収(廃棄)と

思っていますが、いつか自分で本を出したら

気持ちが変わるのかなー



僕が子供頃は本や新聞を粗末に扱うと

凄く怒られましたが、読み終わった本には感謝を込めて・・・



どうしましょう??



☆【まごころ営業術】講座主催!

 体験セミナーは次回2月27日から3月6日まで開催です。

 

 

☆営業に不安のある方、営業に自信のない方向けにコンサルティングをさせていただいて

 います。あなたの今の状況に最適な方法で結果を出すサポートです。

 

☆講演のご依頼、企業研修のお問合せは下記までメールにてお願いいたします。

 (小規模のグループのミニセミナーでも対応可能です)


☆【無料】お試しセッション(30分)受付中!

営業面だけでなくこのようなお悩みにも対応しています。・起業したけど不安ばかり

 ・どこに行けばお客様に会えるかわからない

 ・自分のビジネスに客観的なアドバイスが欲しい

 ・思うように売上が作れていなくて不安

 ・自分に自信を持ちたい!

 ・モチベーションを上げたい

 ・いろいろ考えてしまって頭の中が整理できていない

 お申込みはこちらから!(ご希望の日程がない場合はDMくださいね!)

 


◎お問合せはDMにてお待ちしております!

≪あなたの業績を上げるアイデア、あります。≫

【まごころ営業コンサルタント】

           橋本勝彦

 



最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page