自分らしく・・・

こんにちは。種屋の橋本です。

昨日、やきもちをモチベーションに変えていくお話しを書きましたが、

今日は関連したお話しです。

僕が会社を辞めて、一人で仕事を始めたとき、スタートダッシュが

うまくいきませんでした。

仕事をしていて成果に繋がってこないと、焦りも出てきます。

会社員ではありませんので成果が出ないと収入にも直結します。

そんなときに、周りに成果をどんどん出している人がいると

素直に喜べず、うらやましい、という感情が沢山出てきました。

ただただ、いいなぁと思っていたんです。

その後、自分でもポツポツと成果が出るようになってきたころ、

あることに気が付きました。

自分と他人は成功していくスピードが違う、ということです。

人は人、自分は自分。

実はこれって僕がいつも思っていたことなんですね。

人と自分を比べることって、今まではしてこなかったんです。

成果が出ていなかったので、自分を見失っていたんだと思います。

僕はそういえば、人に何を思われても、自分の信じたことを

行動に起こすことを大切にしていたことも思い出しました。

(頑固で人の言うことを絶対に聞かない、ということではありませんよ 念のため😆)

また元々僕は、成果が出るまでに少し時間がかかるタイプなんです。

麻雀でも、競馬でも、パチンコでも。(ン?遊びばかり😁)

勝てるようになるまでには、沢山の授業料を払った気がします。

仕事もそうです。

会社員時代も、始めてすぐに大きな成果を出すよりも、

あきらめずに成果が出るまで、コツコツとやり続けることで、

成果が積みあがってきても、気付いたら大きな成果になっていることが

よくありました。

このことに気が付いてから、自分の気持ちの持ち方が変わりました。

周りの人が成果を出したら、もうすぐ、自分の番だから、と

思うようになったんですね。

うらやましい、というよりも、そろそろ僕の順番だなぁと考えるように

なりました。

すると、それまで、嫉妬交じりの言葉だけでおめでとうございます、なんて言っていたのが、心からその人の成果を喜べるようになり、

「おめでとう!」と言えるようになりました。

そして、そのタイミングで気が付いたことがあります。

それは、僕が何か成果を出したときに、心からおめでとうと言ってくれる

仲間が沢山出来ていた、という事です。

鏡の法則、なんて言いますが、ホントに、自分の考え方が変わっただけで、自分に起こることが変わってきました。

僕の大好きな小説に栗本薫さんの「グイン・サーガ」があります。

(栗本薫さんが亡くなった後も、後継の方が続きを書いてくれていて、

外伝も併せて170刊ぐらい出ている超大作です。)

その中で、最強の戦士であり、誰もが認める万能の王でもある

豹頭のグインが言うセリフがあります。

「俺は俺でしかない、俺以上でも俺以下でもない」

僕の大好きなセリフです。

そう、自分以上のことはできません。

ですから、成果をもっと出していくためには、「自分」という器を

大きくしていくしかないんですね。

自分らしく、一歩ずつ。

自分に自信をもって、歩いていきましょう。

☆社員の皆様で、もっと成果が出せるようになる研修を受けてみませんか?

お問合せは下記までお願いします。

 ヒアリングをさせていただいた上で、研修やコンサルティングの内容を

 御社オリジナルの内容にてご提案させていただきます。

☆初回の面談は30分無料(毎月限定5社まで)で対応しておりますので、お気軽にお問合せください。 オンラインでも対応いたします。

【千の極意を持つ研修講師】

【まごころ営業コンサルタント】

 有限会社種屋 代表取締役 橋本勝彦

 Mail katsuhiko-hashimoto@outlook.jp

 HP https://www.taneya.biz/




0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

勇気

© 2023 by CONSULTING SOLUTIONS.(商標登録の例)Wix.comで作成したホームページです。

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon