自信がつく一言

こんにちは。種屋の橋本です。

人は誰かの言葉から受ける影響って大きい。

良くも悪くも。

ちょっとした一言で傷ついたり喜んだりします。

僕は自分が受ける言葉は 出来るだけ

いいことばかり、覚えておくようにしています😁

自分にとっての改善すべき点をご指摘いただいたら、

できるだけ謙虚に受け止めて改善したいので、

これも「いいこと」に分類しています。

この仕事を始めてすぐ、ある人のコンサルを受けていたときのこと。

色々と相談に乗っていただくなかで、その人が何気なく

「橋本さんって一対一の商談とかは強そうですよね」と言ってくれました。

それまでは意識したことがなかったのですが、

確かに昔からお客様としっかりと向き合っての商談は得意でした。

そう考えると、僕にとってビジネスを伸ばしていくには、

いろいろな人とお会いして面談していくことだな、と感じています。

とてもアナログなやり方かもしれませんが、自分の得意なところを

活用していくことが成果への近道です。

ただ、どうしてその人がそのように感じたか?を聞き忘れてしまっていましたので、実はどこがいいのか?自分でもよく分かっていない(笑) ただ、いつも目の前の方に敬意を払って接するようにしているだけ なんですけどね。。。

その後、他の人からも同じような事を言われたことがあります。

以前にも書いたかもしれませんが、異業種交流会で初めて

会った人に星座を聞かれて、さそり座、と答えたら

「さそり座って1対1 の勝負に強いんですよね!」と言われ、

そのあと血液型を聞かれてAB型、と答えたら

「AB型は人を裏切らない!すごい、さそり座のAB型って完璧な

 信頼できる営業ですよ!」

と言っていただきました😁

なんか根拠はよくわかりませんが、それだけ理詰め(?)

でお褒め頂くと、なんか嬉しいですよね。

そしてそこだけ覚えていて、僕は1対1の商談に強く、信頼される営業向き、と自己暗示をかけられます😊

プラスの自己暗示は根拠がなくても自信につながります。

あっ根拠はありました。 さそり座のAB型 (笑)

どんな形であれ、自信を持てるっていいことです。

職業柄、自信なさそうなコンサルタントになるわけには

いきませんから。

これは他の職種でも同じですね。

自信のないラーメン屋さんではあまり食べたいとは思いません(笑)

僕の営業セミナーでは、ビジネスにおけるマナーのお話をしています。

ビジネスにおけるマナーとは、目の前のお客様に不快な思いをさせないこと。

そしてもう一歩進化すると目の前のお客様に喜んでいただくこと、を

考えられるようになります。

それには、お客様のいいところを見つけて褒めることです。

どんなことであれ、褒められて気分が悪くなる人はいません😊

そして褒めせれると自信になります、

自分が聞くときばかりではなく、自分が発した言葉が 相手の方に影響を与えることもありますので、セミナーなど、 人前でお話しするときはいつも以上に言葉に気を付けていますし 相手のいいところを見つけながら、お話しするようにしています。 僕の一言が誰かの自信につながるかもしれませんし、明日から行動を変えて成果を上げていくきっかけになるかもしれません。 というか、そうなって欲しいと願ってお話しをしています。 これって僕が講師だから気を付けなければいけない、ということでは なくて、日頃、一緒に仕事をしている仲間に対して いつもいいところを探して褒めたり、お礼を沢山言ったりすることで 相手の方の自信になり、モチベーションにつながります。 どんな言葉が相手の方の自信につながるのか? 実は本人にしかわかりません。 本人もわかっていない場合もあります。 だから、こちらから見て、いいと思ったことは伝えて おくことが大切なんですね。 それには相手に関心をもってよく見ること。 褒めるポイント、いいところは沢山見つかると思います。 今よりも自信をもって仕事を進められたら、今までと違った展開が

産まれてくるでしょう。

人に言われたいいことに自信をもって。

そして目の前の人に自信を持っていただくように。

今からできてみんなが成長していけるポイントです。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

© 2023 by CONSULTING SOLUTIONS.(商標登録の例)Wix.comで作成したホームページです。

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon