背中を押しますよー

こんにちは。まごころ営業コンサルタントの橋本勝彦です。

僕は定期的にセミナーを開催していますが、いろいろな方にご参加いただきご縁がつながる、お役に立てるという楽しみの他にセミナー中や

アンケートで皆様の感想をお聞きする、という楽しみもあります。

もちろん、皆様の声は次回開催の時の構成を修正したり、

ご紹介するエピソードを選んだりする際に参考にさせていただいています。

今回は先週から4回のセミナーを開催しまして、多くの方にご参加いただきましたが、一番多かった声は、何か新しいプロジェクト、事業などを

始めようと思っていたけど動けていなかったけど

「背中を押してもらった!」です。

セミナーではビジネスのスピード、ということで、最後まで計画を

考えているよりも、ある程度の骨子が固まったらテストを始めましょう、とお話をしています。

特に大きな企業ではありがちのようですが、プロジェクトなどの計画を

作ることに時間がかかりすぎていて中々スタートできない。。。

僕は中小企業がいかにして小さな市場で大手企業に勝っていくか?の

サポートが得意ですから、大企業が会議室でうなりながら計画を

作っている間にラフな計画を作ってテストをスタートする、ということを

考えています。

大企業がやっと計画を作り終わった時には、こちらは数回のテストが

終わっている、ということです。

テストデータって次のステップに進む際にはとても有効ですから、

より早くゴールにたどり着くことができます。

最近、僕のセミナーには個人事業主の方が多数参加されていますが、

個人で仕事をしているからこそ、気軽にテストを始めることができます。

そして気軽に失敗できます😆

もちろん、大きな投資が必要なものは慎重になりますが、

お金がかからないようにテストをして、ある程度の成果が見込めるようになってから、投資をして拡大していけばいいんですね。

ちょっと例を挙げると、販促用のチラシを作成する時など、

いきなり大量に印刷してしまうと、成果が出なかったらデザイン料、チラシ代金などを回収できませんから、まずは自分で何種類か作ってみて、配ってみて反応が良かったものを印刷して本格的に配布していく、といったイメージです。

ちょっと乱暴な言い方になりますが、どうせ未来のことなど

誰にもわかりませんから(笑)今までのデータや経験を元に

ラフな計画と予測を作ってスタートしてみることをお勧めします!

何回もテストをしていけば、効果が出たこと、成果を感じられたことと

反応が薄かったこと、失敗したことの両方が分かりますから、

精度を上げていくことができます。

またもう一つ、自分で実践したい、という声が上がったのは、

ロールプレイングです。

ロールプレイングとは簡単に言うと、会話やフレーズをお話する練習です。

ロールプレイングはやればやるほど効果につながりますが、

中小企業はあまりやっていませんし、個人事業主の方は

殆どやっていないのではないでしょうか?

個人事業主では何を練習するかというと、お客様に対するご質問や

自己紹介などです。

思いついたフレーズをメモしておいて何度も練習することで

自然とお話ができるようになります。

また個人事業主ほどいろいろな場面で自己紹介をしますから、

1分とか2分で自分は何のお役に立てる人なのか?を伝えられるように

しておくといいでしょう。

自己紹介は何パターンあってもいいですよね。

誰に向かってお話するのか?どんな場所でお話するのか?で

内容が変わることもありますから、いろいろなパターンを想定して

練習しておくとイレギュラーの場面でも普通に対応できるようになります。

いずれにしても、自分でやってみよう、と思ったことはちょっとずつでも

始めてみないと、前には進みません。

見切り発車でやってみましょう!!

☆営業に不安のある方、営業に自信のない方向けにコンサルティングをさせていただいて

 います。理論だけでなく実践経験に基づいたサポートをさせていただきますので、

 具体的にやるべきことが分かり成果につながります。

☆初回の面談は30分無料(毎月限定5社まで)で対応しておりますので、

お気軽にお問合せください。 

☆企業研修にも対応いたしますので、お気軽にご相談ください。

≪あなたの業績を上げるアイデア、あります。≫

【千の極意を持つ研修講師】

【まごころ営業コンサルタント】

 有限会社種屋 代表取締役 橋本勝彦

 Mail katsuhiko-hashimoto@outlook.jp

 HP https://www.taneya.biz/




0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示