紹介をいただくには?

こんにちは。種屋の橋本です。

売上を上げるためには、いくつかの方法があります。

既存先様からのリピートは比較的、取りやすい売上でしょう。

お客様はあなたやあなたの会社、サービスを一度体験していますから満足していただいていることが前提ですが、またその商品を

利用したくなるように設計をして、繰り返しご利用いただきたいですよね。

前回ご購入いただいたときに信頼関係を作っておくことも大切です。

また、購入頻度が少ない商品等であれば、定期的に会社や商品の事を思い出していただくような施策を考えておくこともポイントです。

車でしたら車検のお知らせとか、試乗会のご案内などの例があります。

逆に一番大変なのは、新規開拓ですね。

全く縁がない人に自社の商品を知っていただき、契約をいただく。

労力もお金も時間もかかります。

ただ、新規開拓でも比較的、高確率で契約に

つながるケースがあります。

それは紹介です。

既存先様が紹介してくれることもあれば、知り合いが紹介してくれることもあると思います。

誰かがあなたの商品・サービスの事を知っていて

そのサービスが必要な人に会ったときに紹介をしてくれます。

ただ、紹介をいただくには、二つの条件があります。

それはあなたのサービスがわかりやすい形で言語化されているか?

そして「あなたが信頼できる人」であるか?

ます、サービスがわかりやすく言語化されているか?について書きます。

これは誰かがあなたを、紹介するときに

「何の問題を解決してくれる人か?」

「何のプロか?」

を簡単に話せるか?ですね。

これがはっきりしていないとあなたの事を伝えようがありません。

ポイントはあくまで、相手にわかりやすいかどうか?

会社であれば、キャッチコピーなどが伝わりやすいものになっているかどうか?考えてみてもいいいでしょう。

そしてもう一つ大切な事があなたが信頼できる人かどうか?

当たり前ですが、紹介って紹介する人にとって、リスクがあります。

紹介してご縁がつながっても、期待に沿えないと

今までの自分と相手との関係も崩れてしまいかもしれないからです。

変な人を紹介してしまったら人間関係がおかしくなってしまいますよね。

多分あなたも、人を誰かに紹介するときは、信頼できる人しか

紹介しないはずです。

例えば、既存先様の売上で成り立っている企業でも、

お客様からの厚い信頼を得ていれば、お客様が勝手に紹介を

してくれて売上が増えていくことも考えられます。

こう考えると、誰かから信頼していただける人、企業になることって

とても大切だ、ということがわかります。

では信頼される人になるためにはどうしたらいいか?

相手の方にお願いすることではありませんね(笑)

「僕は大丈夫ですから、信頼してください!」

・・・かえって怪しまれます。

日頃の相手の方への気遣いや誠実な対応の積み重ねで

信頼って生まれてきます。

企業であれば、常にお客様目線で行動できる企業文化を

作っていくことになります。

個人でも企業でも相手の人、企業の事を

日頃から考えて行動に移していけるか?が大切になります。

ただ、相手の方の為を思って行動したことを

あまりアピールしない方がいいでしょう。

人は「恩を売られる」ことはあまり好きではありません。

気分を悪くする方もいると思います。

相手の事を思って行動したのですから、相手が喜んでくれたら

それていい。

見返りを求める必要はないと思います。

恩を売られると見返りを求められている、と感じたり

自分が下に見られている、と感じてしまう人がいると思います。

ですから、〇〇してあげた、という表現は禁句ですよ。

これも相手に対する気遣いです。

相手の方が笑顔になってくれたら、

これが最高の報酬だと思います。


0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示