目標を意識すること

こんにちは。種屋の橋本です。

人って自分が「あること」を意識すると、その情報がどんどん目に入ってくる、こんなことを感じたことはありませんか?

例えば、お昼にラーメンを食べたい、と思っていると

ラーメン屋さんの看板がどんどん目に入ってくる、とか

好きなアイドルの広告やポスターがすぐに目に入る、とか。

zoomの事を勉強したいなぁと思っていたら、zoomを教えてくれる

先生に出会った、なんてこともありますね。(これ、僕が体験しました)

実はこれって当たり前のことで、自分のラーメンを食べたい、という

願望が意識的にラーメン屋さんの看板を探す、という事をしています。

それまでzoomと聞いても何のことかわからなかったのに、

コロナでリアルセミナーができなくなって

オンラインセミナーでの開催を意識するようになったら、

誰かのzoomという言葉に反応して、情報が耳に入るようになった。

そんな環境になっていなかったら、zoomという単語はきっと

聞き流していたでしょう。

人とのご縁は当たり前、とは思いませんが、

情報を意識していたから出会えたと思います。

(ご縁に感謝!!!)

自分が欲しいものとかを意識することは多くの人が自然に

行っていることだと思いますが、

特にビジネスに関する情報は強く意識しておくといいと思います。

また、自分が欲しい情報を発信しておくと、その情報を持っている人に

出会える確率が高くなります。

こんな人に会いたい、と思っていたら何かのタイミングで

会うことができた。

先ほど書いた僕がzoomを教えてくれる先生に会えたことが

いい例です。

引き寄せの法則って最近よく目にしますが、

これも同じようなお話かなぁと思います。

(スイマセン詳しく勉強していませんので僕の憶測で書きます)

自分がこんな風になりたいんだ!と

強く思っていると、なりたい自分と今の自分のギャップに気付き、

足りていないものが見えてくる。

そして足りないものを埋めていけば、理想像に近づける、という

事なのでしょうか。

これを意識的に行うのか?無意識で行っているのか?は別として

自分で意識をする、ということが大切な気がします。

弊社が行う行動計画を作成する研修では、

まず、自分やチームがなりたい将来像を考えます。

そして今のまま、何も目標に向かって行動しなかったら、どうなるのか?

を考えます。

殆どの人がこの二つに大きなギャップを発見します。

そしてこのギャップを埋めるためにどうすればいいのか?を考えていくと

行動計画を作ることができます。

凄く簡単に書いてしまいましたが、仕事の計画を作るって

こういうことだと思います。

たとえば美容院が売上を半期で〇〇円上げる、という目標を立てたら、

月別にいくらの売上をあげなければいけないのか?を考え、そのために

お客様を月に何人増やさないといけないのか?

そしてお客様を増やすために何をどれぐらいしなければいけないのか?

を考えたり、

客単価を上げることはできないか?

単価を上げるために何かできることはないのか?といった事を

考えないといけませんね。

チームで方針を決めて、全員が行動することで大きな効果が期待できます。

これが目標がなかったら・・・

売れたらいいなぁ、とかお客様が増えないかなぁといった

願望ばかりで具体的な行動を決めることができません。

そしてそれぞれのスタッフが思い思いの行動をするので効果は

あまり期待できません。

仕事は成果を出さないといけませんので、

そのためにはできるだけ具体的な計画が必要になります。

細かく計画を作ると大変なイメージがありますが、

チームのみんなでつくると、結構楽しく作業できますし

実際に作った計画も実行しやすくなります。

そして一番大切な検証も効果的なものになります。

目標を決めて、何をするのか?行動を決めること。

これが成果への近道です。

最新記事

すべて表示

キャッチボール

こんにちは。種屋の橋本です。 会話はキャッチボールなんてよく言われますね。 キャッチボールは投げたボールを相手が取ってくれて 取れるように投げ返してくれるから成立します。 会話も同じですよね. 相手が答えられる話とか、何か反応してもらえる言葉を投げ掛けて、相手が理解し、反応を返してくれるから成立します。 仕事の場においては、特に相手に理解していただく言葉を意図的に使うことって、

失敗を認めると成長するよ

こんにちは。種屋の橋本です。 人は誰でも失敗をします。 そう、誰でもです。 仕事をしていて部下や周りの人か失敗したき、 どのような接し方をするか?で本人の成長が変わります。 単純なミスを繰り返してしまった時などは、 思わずカッとなってしまうこともあると思います。 僕も何度も経験があります。 若いころは、ちょっと大きな声を出してしまったこともありました。 ただ、失敗を経験して、反省し考え、成功するや

自分のいいところ、相手のいいところ

こんにちは。種屋の橋本です。 初めてお会いした人や、まだ付き合いの浅い人が あなたがどんな人か?を判断するのは、自分自身ではなく、相手の方です。 あなたの外見や話し方、しぐさから判断すると思います。 多くの場合、堂々としている人は頼りになる、と思われますし、 声が大きくはっきり話す人は信頼できる、と思われます。 いつもニコニしている人は明るい人、というイメージです。 ただ、自分がどう思って欲しいか

© 2023 by CONSULTING SOLUTIONS.(商標登録の例)Wix.comで作成したホームページです。

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon