疲れない男

こんにちは。種屋の橋本です。

人間は年々体力が衰えていきます。

これは自然の原理ですので誰にも止められません。

ただ、気持ちの持ち方でその日一日をどう過ごせるのか?が

大きく変わります。

前日に仕事などで頑張りすぎて「疲れているなぁ」と思いながら

次の日を迎えるとどうしても行動が遅くなったり、だるくて気力が

でなかったりしませんか?

僕も以前はそんな日がありました。

が、

僕はあるとき、解決方法を教えてもらいました!

というか気が付きました。

そしてそれ以来、一回も疲れていません!

ちょっと話はそれますが、僕は小学生の頃からのプロレスファン。

専門誌の週刊プロレスの発売が毎週楽しみでしょうがない😊

もう、40年近く欠かさず愛読しています。

今はほとんど観戦に行けていませんが、学生時代は年間で50回も

観戦に行っていました。

その週刊プロレスで楽しみにしている連載に新日本プロレスの

棚橋弘至選手の「ドラゴンノート」というものがあります。

棚橋選手って、プロレス不況と言われた時代、体を張って

業界を盛り上げようと頑張っていた姿が、会社の業績をなんとか

向上させようと現場の最前線で奮闘していた僕の環境と重なり、

とても共感出来て大好きなんです。

で、棚橋選手がその連載で話していました。

自分は、疲れないことに決めたと(笑)

志が大きすぎて疲れている暇がない、ということ!

なんてすばらしい!

僕は心から共感したら、すぐに取り入れて真似をします😁

そこで、それから、僕は疲れないこと、に決めたんですね!

ですから、もう、7,8年ぐらい前から疲れたことがありません(笑)

冷静に考えると、疲れているかどうか?って自分で決めています。

1万歩以上歩いたら、その人は疲れています、なんて規約は

ありません。

であれば疲れないことも自分で決めていいはず!

僕みたいな単純な人は自分で思い込んだら、体がついてきます(笑)

これはある時から、社内でも宣言していたので、

部下は苦笑いしながら、ついてきてくれていました。

ちょっと面倒な上司と思われていたかもしれません。

まあ、いつも疲れていて心配されるよりはずっといいですね😊

不思議と自分でこんな宣言をすると、体も動くもので😉

たとえば、ビッグサイトの展示会に出展した時など、

9時半頃から準備などで動き回り、休憩はお昼におにぎりをほおばる

5分と午後にコーヒーを飲む5分だけで18時過ぎまで立ちっぱなし。

それを4日間普通にこなしていました。

まぁ病は気から、なんて言いますが、その逆もある、ということです。

会社では、リーダーは部下を引っ張っていかなければいけませんから、強い存在でありたい、と思っていました。

いつも疲れてぐったりしているリーダーに

ついていきたいと思いますか?

いつも元気なリーダーについていきたいと思いませんか?

いまはコンサルタントとか講師の仕事をしていますが、

元気のないコンサルタントって説得力がありませんよね。

元気のない講師も同じです。

ですから、疲れない事、は継続していて、いつも元気なのです。

いつも前向きな発想で行動していくことって、

実はこんな発想から来ているのかもしれません。

いつでも極端なプラス発想。

これが僕の最大の武器かもしれません。

☆弊社への講演・研修のご依頼、お問合せなどは下記までメールにて

 お願いいたします。

☆初回の面談は60分無料(月限定5社まで)で対応しておりますので、お気軽にお問合せください。 オンラインでも対応いたします。

【千の極意を持つ研修講師】

【まごころ営業コンサルタント】

 有限会社種屋 代表取締役 橋本勝彦

 Mail katsuhiko-hashimoto@outlook.jp

 HP https://www.taneya.biz/




1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示