top of page

気付きの感性の磨き方

昨日は目に見えないツキのお話でしたが、

人の気付きの感性は意図的に磨くことができます。



よく気付く人、気配りができる人って皆さんの周りにも

いるんじゃないですか?



人と人の気遣いもそうですが、

ビジネスにおいては変化に気が付かないと致命傷に

なることがありますから要注意です。


・環境の変化

・お客様の変化

・ライバルの変化


これに気づいて対応できないと取り残されてしまいますし、

逆に早く気が付いて対応すると変化に対応できて

生き残るだけでなく、チャンスをつかむことができます。



ではこの「気づきの感性」をどうやって磨くのか?



凄くアナログですが、整理整頓の徹底と掃除の徹底ですね。



整理整頓で身の回りの物をいつもきちんとしておくこと。


いるものと要らないものを分けて要らないものを徹底的に

捨てること。


必要なものを必要な場所に必要な数いつも置いておくこと。



そしてルールを決めて隅々まで掃除をする事。



僕の会社員時代の部下ですが、販売は得意なのですが

特に業界やライバル社の情報への感度が鈍くて

欲しい情報を聞いてこれない感じでした。



バイヤー様本人への気遣いはできますが

お客様の大きな戦略の情報も聞き出してこれない感じです。



会社では事業再構築の柱として、「環境整備」に取り組んでいました。


簡単に書くと整理整頓を計画的に実施して、

毎日、全員で決められたところを時間を決めて掃除をする。


そして毎月社長と幹部が実施状況をチェックです。



具体的には毎月第三土曜日の出勤日は部署別に計画を作成して

終日整理整頓です。


そして毎朝、朝礼の後に30分の掃除。

これも範囲と分担を決めて行いました。


もう、床のタイル4枚を30分かけて磨いていましたから(笑)

ワックスをはがし、もう一度ワックスを塗り直していました。


パソコンなんてキーボードのボタンをはずして

綿棒で掃除をしていましたね(笑)



その時間は手が止まらなればおしゃべりをしてよかったので

皆楽しくやっていました。



暫く続けていたら、先ほどの部下の報告の中身が変わってきました。



お客様の人事の変化に気づいたり

(見慣れない人が席にいたから人事があるかも!)


ライバル社の動きを察知していたり

(企画と営業が一緒に商談をしていたから大きな提案をしている!)



細かくは書きませんが、整理整頓と徹底した清掃で

細かい所、いつもと違うところに気が付けるようになりました。



ここまでの事はできないかもしれませんが、

いつも身の回りの整理整頓をしておく、

定期的に場所を決めて掃除をするなどできそうですね。



気付きの感性、磨いてみませんか?



☆募集開始しました!

 「個人事業主の為の【時間管理の教科書】

☆【まごころ営業術】講座主催 

  次回8/末開催予定です

 

☆営業に不安のある方、営業に自信のない方向けにコンサルティングをさせていただいて

 います。あなたの今の状況に最適な方法で結果を出すサポートです。


☆講演のご依頼、企業研修のお問合せは下記までメールにてお願いいたします。

 (小規模のグループでも対応可能です)


☆【無料】お試しセッション(30分)であなたの課題や セールスポイントを見つけましょう!

 お申込みはこちらから! (日程がない場合はDMくださいね!)


◎お問合せは下記メールかDMにてお待ちしております!

≪あなたの業績を上げるアイデア、あります。≫

【まごころ営業コンサルタント】

           橋本勝彦

  Mail : taneya2019@gmail.com



最新記事

すべて表示
bottom of page