最高の自分!!

こんにちは。種屋の橋本です。

やらなければいけない、と思っている仕事があって、

でも自分ではちょっと苦手意識があるので、なかなか始められない、

そんなことってありませんか?

例えば、営業をしなくてはいけない、と思っているけど、

なんとなく苦手意識があってつけられず後回しになってしまう、とか。

これが事務作業とかでしたら、仕組みを作るなどして

解消できるの場合があるのですが、相手の方がいて成立する営業などの仕事ですと、何か始めるきっがけがあるといいと思います。

会社員時代、展示会に出展した時には、購入した名簿などを元に

沢山の招待状を発送するのですが、届いたころにフォローの

電話をしていました。

担当チームの5人ぐらいでかけていくのですが、それぞれの

仕事があったり、普段電話営業をしない会社でしたので、

電話営業に苦手意識があったりして、積極的に行う人は

少なかったんですね。

みんな期限ぎりぎりになってとりあえず始める感じでした。

そこで、時間を決めて、全員で他の仕事の手を止め、集中して

電話をかけることにして、実施をしました。

チームのみんなで行いますので、自分だけ他の仕事をするわけにもいかかず、また苦手意識があっても、やらざるを得ないしくみでした。

週に二回ぐらい各1時間も行えば担当のお客様に電話できたので、

効率は良かったと思います。

今は自分一人ですので、苦手意識のある仕事をするときには、

「気合で!」(笑)

だけでなく😁

自分の気持ちをやりたい方向に向けることが大切だと思いました。

いくつかのパターンで自分をその気にさせているのですが、

最近、一番効果が高いと感じているのは、

以前、いやいやながらもその仕事をしてうまくいった事例を

思い出すことです。

例えば、飛び込み営業が苦手な人は、以前飛び込み訪問で

うまくご契約をいただいたり、次のアポにつなげられた体験を

思い出してみるんですね。

多分、その過去の瞬間が、飛び込み営業、という仕事での

その人にとっての最高の自分がいた瞬間です。

その体験を思い出すことによって、自信をもって次の行動への勇気を出すことができます。

苦手意識があると、飛び込み営業で失敗したことばかり思い出して

しまいますよね。

そしてまた失敗するのではないか?と思い行動にブレーキが

かかってしまいます。

多くの人が失敗の方を沢山覚えているものなのですか、

もともと飛び込み営業って成約率が低ければ失敗の方が

多いんですね。

なので一度、失敗したほうに目が向いてしまうとドンドン

悪い方に考えてしまいます😅

うまくいった自分。

ご契約をいただけた自分。

アポイントをいただけた自分。

最高の瞬間は人によって違うと思いますが、

自信を持てる体験を思い出してみましょう。

次の行動をすると、またその最高の瞬間を体験できるかもしれません。

何も行動しなければ、ゼロです。

勇気のある自分は、過去に成功した自分がよく知っています。

過去にできたら、またきっとできる。

またきっと成功体験をすることができます。

自信をもって一歩、頑張ってみましょう!

☆社員の皆様で、もっと成果が出せるようになる研修を受けてみませんか?

お問合せは下記までお願いします。

 ヒアリングをさせていただいた上で、研修やコンサルティングの内容を

 御社オリジナルの内容にてご提案させていただきます。

☆初回の面談は30分無料(毎月限定5社まで)で対応しておりますので、お気軽にお問合せください。 オンラインでも対応いたします。

【千の極意を持つ研修講師】

【まごころ営業コンサルタント】

 有限会社種屋 代表取締役 橋本勝彦

 Mail katsuhiko-hashimoto@outlook.jp

 HP https://www.taneya.biz/



0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示