時代の変化

こんにちは。種屋の橋本勝彦です。

昨年から、世界中で出口の見えないトンネルに入ってしまっていて

生活も仕事の仕方も大きく変わりました。

元に戻ることはありませんし、今は新しい形をそれぞれが模索ながら探していると思います。

そして生活スタイルの変化に慣れていくことでしょう。

ビジネスのスタイルも大きく変わっています。

環境の変化に対応できた企業は業績を伸ばしています。

ただ、業種によっては、生き残っていくために必死に新しいチャレンジを続けています。

これは個人でも同じです。

変化についていくことが何よりも優先されることになります。

僕が社会人になって最初に担当させていただいたお客様は

イトーヨーカ堂様でした。

会社では、お客様のいいところは見習っていこう、ということで

朝礼などでよくイトーヨーカ堂様のお話が出ました。

そこでいつも聞いていた言葉は

「変化への対応と基本の徹底」です。

もう30年近く前に聞いていた言葉ですが、今、コンサルタント、という仕事をしていると、この言葉も大切さがよくわかります。

環境が変化していくからこそ、基本的なことが大切なんです。

特に営業という仕事は、「人」と「人」で進んでいきます。

「心」と「心」と言ってもいいかもしれません。

相手の方を思いやる、という基本的なことが何よりも大切に

なってきたなぁと思います。

僕はもともと営業のテクニックを駆使して売り上げを作ってきたタイプではありません。

お客様が何を求めていて、どうすれば喜んでいただけるのか?を

常に考えて行動して結果として、数字が積みあがっている、という

営業でした。

ですから、社内の他の部門の管理職の人は、僕がイケイケの営業を

しないので、不安に思うこともあったようです😆

そんなんで大丈夫か?と。

ただ定期的に数字をチェックすると結果は残していますので

不思議に思っていたようです。

営業にもいろいろなタイプがいますよね。

その後、管理職になって参加した研修では、

「経営とは環境適応業」だとも聞きました。

僕たちも環境の変化についていかなければいけません。

昨日まで、弊社主催のオンラインセミナーを行っていましたが、

数えてみたら、オンラインのセミナーは55回目でした。

初回が昨年の6月11日でしたので、一年で55回。

多いのか少ないのかわかりませんが、昨年の対面セミナーが

9回ですから、バランスが大きく変わりましたね。

僕は対面のセミナーでお話するのも大好きなのですが、

当面は自社主催はオンラインになります。

対面セミナーはご依頼をいただいた時だけになります。

今思うと、オンラインのセミナーを始めてきっかけは、

たまたま知り合った友人がZOOMというのがあるから

ちょっとやってみない?と誘ってくれたことでした。

そして友人と1時間ぐらい話して、セミナーで使っている人も

増えてきている、と教えてもらったんですね。

自分ではオンラインセミナーをやってみようと思うまでに

もう少し時間がかかったと思います。

変化に対応していくときには、自力では情報が少なかったり、

偏ってしまうことがあります。

ですから外部で成功している事例を聞いてみることが、いいと思います。

最先端の情報ではなくて、成果の出ている情報のほうが大切です。

最先端のものが成果につながるかどうかは、誰かに試してもらえばいいのです。

新しいことを試してみることが好きな人がいますから、

その人が成果が出てきたら、真似をすればいい😁

いずれにしても、変化を感じることは気を付けていかないといけませんので、アンテナは常に張っておきましょう。

☆社員の皆様で、もっと成果が出せるようになる研修を受けてみませんか?

お問合せは下記までお願いします。

 ヒアリングをさせていただいた上で、研修やコンサルティングの内容を

 御社オリジナルの内容にてご提案させていただきます。

☆初回の面談は30分無料(毎月限定5社まで)で対応しておりますので、お気軽にお問合せください。 オンラインでも対応いたします。

≪あなたの会社の業績を上げるアイデア、あります。≫

【千の極意を持つ研修講師】

【まごころ営業コンサルタント】

 有限会社種屋 代表取締役 橋本勝彦

 Mail katsuhiko-hashimoto@outlook.jp

 HP https://www.taneya.biz/



最新記事

すべて表示