top of page

捨てないとは入らない

こんにちは。まごころ営業コンサルタントの橋本勝彦です。


僕が学生の時は、ファッションにはほとんど興味がなく、

靴もスニーカーを2足ぐらい持っていただけでした。

いつでも同じ靴で雨で濡れたら乾いている方を履いて出ていく(笑)


それが、靴など履物を取り扱う問屋さんに就職をしたら、

靴の魅力にはまってしまって。。。

会社員時代は毎年数足を買っていたと思います。


毎日のように違う靴を履いていますから、傷みませんので、

ずっと靴が増え続けていました。


当然、げた箱には入りきらなくなって、比較的履く頻度の少ない靴は

箱にいれて自分の部屋に置いていました。



先日、あるオンラインの交流会でご質問をいただきました。

その方は以前、僕が行った整理整頓のセミナーに参加していただいていました。

ご質問の内容は、仕事などでやることが溜まってくると

頭の中がごちゃごちゃになって整理整頓がしにくいのではないか?

といったことでした。



自分の時間や頭の中ってげた箱と同じで入る量が決まっています。

頭の中は計測できませんが、時間はどう頑張っても一日24時間しかありませんよね。


ですから、まず最初にやらなければいけないのは、

「やらないことを決めること」


そんなこと言っても、すべて必要なんです!という声が聞こえて

きそうですので、ちょっと追加すると

「今、やらないことを決めること」

または、

「自分ではやらないことを決めること」


物の整理整頓もそうなのですが、

まず整理から始めましょう。

 (整理=要るものと要らないものを分けて要らないものを捨てること)

整頓(優先順位をつけること)はその後です。


やり方はアナログがおすすめですが、

自分その日や、その週にやりたいこと、やるべきことを

付箋に書き出してみてください。

できるだけ細かく書いた方がいいでしょう。


そして緊急度が高い、優先順位が高いと思うものから、

手帳などに貼り付けていきます。


どうしてもその日、その週に貼り付けられない(時間が取れない)

タスクは優先順位が低いので、やってもやらなくてもいいことなのかも

しれない、と疑ってみましょう。


またこれはあまりお勧めしませんが、僕のように一人で働いている人は、昼間は相手のある仕事をして、自分一人で完結する仕事は

夜にするなど、分けてみる、という手があります。

また状況によっては土日もフルに使えてしまいます。

これ、個人事業主などでよくあるパターン😂

昼と夜、曜日の感覚がなくなります。


少しお金があれば、自分ではやらない仕事は外部のプロに

お願いしてしまうと効率的です。

その時間で新たな売上を作ることができます。



また、たまにご相談を受けるのは、その人が誰かからアドバイスもらってSNSなどの発信を増やしているが、手が回らないということです。


ブログ、インスタ、Twitter、Facebook、YouTube、line・・・

他にもいろいろとあります。

どれも、画像や動画の撮影、編集に時間がかかりますから

寝る時間がありません。。。


これは業種によって、またやりたいことによってどの媒体を使う事が

目標に近づけるのか?で時間の配分を考えたほうがいいですね。

人の意見よりも自分の目的です。


美容室を経営している友人がインスタを活用して集客に

成功しているからと言って、会計士の人がインスタで同じような

成果が見込めるのか?ということです。

(やり方はあるかもしれませんが)


ぞれぞれ、効果的な方法を考えましょう。


今までずっと続けているとやめるのはもったいないと

思いますから、まずは更新の頻度のバランスを変えてもいいかもしれません。


いずれにしてもSNSはすべて数字が出ますから、効果測定が

しやすいので、データのチェックはまめにしましょう。

データを毎日見ることで自分のすべきことが分かったりしますから。。


☆営業の基礎が分かり不安を解消するセミナーを開催します。

 無料でご参加いただけます! 詳細、お申込みはこちらからお願いします。


☆社員の皆様で、今以上に成果が出せるようになる研修を受けてみませんか?

お問合せは下記までお願いします。

 ヒアリングをさせていただいた上で、研修やコンサルティングの内容を

 御社オリジナルにてご提案させていただきます。

☆初回の面談は30分無料(毎月限定5社まで)で対応しておりますので、お気軽にお問合せください。 

≪あなたの業績を上げるアイデア、あります。≫

【千の極意を持つ研修講師】

【まごころ営業コンサルタント】

 有限会社種屋 代表取締役 橋本勝彦









閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Kommentarer


bottom of page