心霊体験 一番近づいた夜

こんにちは。「あなたから買いたい!」を実現する、

まごころ営業コンサルタントの橋本勝彦です。

今週は日曜日まで、夏休み企画として

僕が今まで体験した心霊体験を書いてみようと思います。

すべて実話です。

今回は僕が初めて見えない存在を感じたときのお話です。

先日も書きましたが僕の子供の頃はテレビでオカルト系の番組が

沢山あり、心霊写真集なども教室で回し読みをしていたので、

異世界の存在がどこかにいるのだろう、といつも感じていました。

ただ、実際に見えるわけではないので、怖いながらも

どこか人ごとでした。

僕の家は父、母と父方の祖父母も同居していました。

僕は初の内孫でして、とてもかわいがってもらっていました。

そしていつもいろいろな人に頼りにされていて子供心に

とても尊敬していました。

僕が高校に入ってしばらくして、

祖父が病気になり、近くの病院に入院、手術。

そしてもっと大きな病院に転院をしました。

半年以上、家に帰れなくて大きな病気にかかっているらしいと

思っていました。

子供達には何も教えてくれませんでしたが、それまで、お葬式も

行ったことがありませんでしたから、命の重さをあまり意識していませんでしたね。

暫く入院生活をしていた祖父。

お見舞いに行くたびにやつれていき、なんとなくですが、

元気になって家に帰ってくることはないんだ、と感じていました。

その日、僕はいつも通りの生活をしていたと思いますが、

夕方になり、父が病院に行き、夕飯後に父から電話があり、

祖母と母が病院に向かいました。

そして出際に母が何かあったら電話をするからそうしたら

タクシーで病院に来るように、と言って出て行きました。

なんとなく夕飯の片付けをしてから何もする気にもなれず、

テレビを見たり、ゲームをしたりて僕と妹はそれぞれの時間を過ごしていました。

何も連絡がありませんでしたが、お風呂に入ったりする気にもなれず

ただその時を待っているようでした。

携帯の無い時代でしたからこちらから両親に連絡はできません。

もう夜も更けて、うとうとし始めたころ、家の電話が鳴りました。

電話は母からでしたが、

子供達二人ですぐに病院に来るように、と。

その時は僕も妹も状況を察していましたので、

祖父とお別れをしにいくんだ、と感じていました。

すぐに準備をして、家を出ようとしたその時。

誰もいないはずの奥の和室で人の気配がしました。

なんとなく畳の上を歩くようなかすかな音。

そして少しすると、祖父の洋服ダンスをガタガタと開ける音。。。

バタンと何かが締まる音。

そう、いつも祖父がそうしていたように。

不思議と怖い、という感情ではなく、何か温かく心に響く

優しい音に感じました、

その時に僕は思わず腕時計を見ました。

夜の11時35分だったと思います。

妹もこの音を感じたようで顔を見合せましたが、

怖がってはいませんでしたね。

なんとなく微笑んでいるような表情でした。

僕は一言だけ「この時間覚えておいて」と言って

妹に時計を見せました。

そしてその後は無言で家を出て病院に向かいました。

病院に着くと、親族が集まっていて、僕達が来たのを知ると

「おじいちゃんにお別れをしなさい」と言われ

病室に入りました。

僕が初めて命の終わりを身近に感じた瞬間でした。

病室を出て、母になんとなく聞いてみました。

「おじいちゃん、何時に亡くなったの?」

「もっと早く連絡すればよかったね、

 11時35分だったのよ」

僕と妹は顔を合わせてうなづき合いました。

「やっぱりね。

 おじいちゃん、さっき帰ってきたんだよね

 なんか忘れたみたい」

びっくりしていた母に事情を話しました。

僕は不思議と怖い気持ちはなく、

自分達だけが特別な体験ができた、

特別な別れができたのかな、と思いました。

また後は頼むよ、なんて言われた気がして・・・

ん、しっかり受け取ったよ、

任せてよ!

☆営業に不安のある方、営業に自信のない方向けにコンサルティングをさせていただいて

 います。理論だけでなく実践経験に基づいたサポートをさせていただきますので、

 具体的にやるべきことが分かり成果につながります。

☆心霊相談は受け付けてりません。

☆講演のご依頼、企業研修のお問合せは下記までメールにてお願いいたします。

 (小規模のグループでも対応可能です)

☆【無料】お試しセッション(30分)であなたの課題を見つけましょう!

◎お問合せは下記メールにてお待ちしております!

≪あなたの業績を上げるアイデア、あります。≫

【まごころ営業コンサルタント】

 有限会社種屋 代表取締役 橋本勝彦

 Mail katsuhiko-hashimoto@outlook.jp

 HP https://www.taneya.biz/



閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示