常連さんになるには?

こんにちは。まごころ営業コンサルタントの橋本勝彦です。

皆さんは、「常連」のお店ってありますか?

そのお店に入るとちょっと特別な挨拶をしてくれたり、

いつもの席に案内してくれたり、たまには特別な料理が出てきたり。

食べ物屋さんだけではありませんが、お店の方が自分の事を

覚えてくれると嬉しいものです。

では、どうすれば、常連になれるかというと…

最低三日連続でそのお店に行ったらすぐに覚えていただけます😁

できたら、5日ぐらい連続で。

僕は学生時代、お弁当屋さんでアルバイトをしていました。

チェーン店ではなかったのですが、その地区にはオフィスが多いのに

お昼ご飯を買うところが少なかったんです。

もう毎日、お弁当屋さんの前は行列でした。

凄い密(笑) 30年前のことですが。

多分、返金単価が350円ぐらいのお店で一日に40万円とかの

売上だったと思うので1000食以上の販売です。

夕方から夜にかけてはそれほど忙しくなかったので、いかにお昼に

お客様が来てくれていたかがわかります。

余談ですが、そのお店に「焼肉弁当」の肉をでっかいフライパンで

焼く仕事もしていましたが、一度に2キロぐらい焼いていました。

それをお昼前から何度もです。

フライパンを持つ左手だけ太くなっていました(笑)

店頭で接客もするのですが、それだけ混雑していても

毎日のように買いに来てくれるお客様って顔は覚えているものなんですよね。

その方がたまに夜に買いに来ると、「今日は残業ですか?」なんて

声をかけたりして。

また毎日のようにいけないお店でも、例えば店員さんの名札を見て

名前を読んで声掛けをしたりするとすぐに覚えていただけます。

人は承認欲求がありますから、店員さんからすると、

お客様に覚えていただけた、という喜びにつながります。

相手の方に覚えていただく、というのはこちらも嬉しいですし、

ビジネスを進めていく上ではとてもプラスになります。

ですから、僕は、同じ交流会にはできるだけ何度も参加するようにしています。

すると同じように毎回参加される方がいますので、

だんだんと打ち取けてお話しできるようになり、お互いが困った時に

相談をしたり、ということが起こります。

余程、需要がなければ、その場でビジネスにつながることはありません。

これも僕の体験ですが、去年、あるオンラインサロンができるときに

サロンの正式なスタートの前にプレの段階で声をかけていただきました。

当日は対面の交流会もなくなっていましたし、仕事もキャンセルばかりで時間が沢山ありましたので、せっかくだから、そのオンラインサロンで

友達ができたり、仲間ができたりしないかなぁと思って

参加させていただきました。

テスト期間、ということもあり、1か月で15回も😆オンラインの

交流会を開催していただいたのですが、僕が参加したのは

その中の10回!

これは何回も参加して早くみんなに覚えていただこう、という戦略と

・・・実は暇でしょうがなかった(笑)

何回も参加したおかげて早くみんなに覚えてもらい、

沢山の仲間ができました(感謝!)

人と人のつながりは「回数」で決まります。

そういえば、学生時代は、首都圏でプロレスの興行があるとよく行っていて、チケットは近くのプロレスショップにお願いしていましたが、

何度かお願いしていくうちに、電話をして名前を言う前に、

「今回はいくらの席を何枚ですか?」と聞かれていました🤣

どの団体かもこちらが言う前に・・・

店長は僕の好みがわかっていたんです。

そして「●●のチケットも来てますけど、取っておきましょうか?」

なんて言われましたね。

まぁ年間に50回以上、プロレスを見に行っていたら、

常連、というよりは上顧客になっていたんだと思います。

いずれにしても、これはお客様を沢山訪問する、という営業スタイルに

つながりますから、ぜひ意識してみてくださいね!

☆社員の皆様で、今以上に成果が出せるようになる研修を受けてみませんか?

お問合せは下記までお願いします。

 ヒアリングをさせていただいた上で、研修やコンサルティングの内容を

 御社オリジナルにてご提案させていただきます。

☆初回の面談は30分無料(毎月限定5社まで)で対応しておりますので、お気軽にお問合せください。 

≪あなたの業績を上げるアイデア、あります。≫

【千の極意を持つ研修講師】

【まごころ営業コンサルタント】

 有限会社種屋 代表取締役 橋本勝彦

 Mail katsuhiko-hashimoto@outlook.jp

 HP https://www.taneya.biz/



0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示