top of page

安心の取引条件とは?

こんにちは。「あなたにお願いしたい!」を

実現する、まごころ営業コンサルタントの

橋本勝彦です。



お客様とのお取引をするなかでとても大切なのは

お取り引条件。

特にお金に関することは、最初にきちんとしておかないと後で揉めることになりかねません。


お互いに悪気がなくても、話の行き違いなどで

予定のお金が入ってこないと大変です。



幸いなことに僕がいた会社は新規のお取引でも

支払い条件はきちんと決めていましたので、

その学びを今に活かしています。


そういえば、僕が独立したときにある方にアドバイスをいただきましたね。

相手が一人で仕事をしている人だと、平気でお金を払わない人がいるから気をつけてね!って。



僕の場合は基本的にサービス提供の前に代金のお支払いをお願いしていますので大丈夫なのですが、

もしサービスの後にいただいているようでしたら

次のお客様からはやり方を考えたほうがいいですね。



これは相手が企業様でも同じです。



どうしてもサービス後に請求書を出す形のビジネスであれば、

そのお客様の信用調査はきちんとしておいたほうがいいですね。



環境が大きく変わっていますので、お客様の業績は

日々変わっていますし、本当の財務状況は

お取引をしているだけではわかりませんから。



会社員時代のことですが、新規のお取引は

基本的にすべて前金でお願いをしていました。


大手企業様などで仕組み上、前金が無理な場合は

信用調査会社の点数が会社で決めた基準点よりも高いこと、

納品後の翌月にはお振込をいただくことが

条件でした。


それで無理なら債権保証(ファクタリングといいます)の会社と契約してリスクに備えていました。



お金が入ってこないのは会社にとって

大きなリスクです。



特に小売店様では何かのタイミングで業績は

大きく変わります。


あるお客様ではそれまで何も問題なくコンスタントに

買って頂いていまして安心していたら

突然お金が入らなくなりました😅


その時は社長と交渉して振り込んでいただきましたが

その後、再発しては困るのでこちらから

条件をつけたら、発注がなくなりました。。。


そして少し前にwebでその企業が倒産した、という記事を目にしました。。。




このブログを読んでくれている方で、もし商品、サービスを提供したから

入金までの期間が長い場合などの対策があります。


*個別にご事情は違うと思いますので

 こんなアイデアがあるよ、と言う感じでお読みください。

 もし、本当に詰まっていたらご相談くださいね~



まずは新規のお客様から、新しい支払い条件でお話していくことです。



少なくとも、新しいお客様の分から資金繰りが楽になります。

特にひとりビジネスをしている方は事前振込みかカード払いに

しましょう。



またすでにお取引のあるお客様だった場合、

何かの区切りの時にご相談、と言う形でお話してみましょう。

すぐに変えようとしないで、半年後から、など長めに時間をかけて

少しずつ変えて行ければいいでしょう。



ただ、毎回値切られるなど価格が厳しかったりして

あまりお付き合いをしたいなくお客様でしたら、

お取引がなくなる覚悟で交渉することですね。


そうそう人のせいにしてもいいかもしれません。

「今定期的に相談しているコンサルタントからのアドバイスなのですが」

などなど。。。



また物販の方でしたら、売上仕入れの条件にしていただくと

多少のリスクが回避できます。


そして締め日から支払日までできるだけ短くしていただくこと。

お客様は売上仕入れでしたらお客様のお買い上げが先になりますから早めにお支払ていただけると思います。



こんな感じでやり方はいろいろとありますが、

いずれにしてもビジネスはご入金をいただいて初めて成立しますので、これから起業する方やもっと拡大していきたい方などは

一度考えてみましょう!



☆【まごころ営業術】講座主催


☆営業に不安のある方、営業に自信のない方向けにコンサルティングをさせていただいて

 います。理論だけでなく実践経験に基づいたサポートをさせていただきますので、

 具体的にやるべきことが分かり成果につながります。


☆講演のご依頼、企業研修のお問合せは下記までメールにてお願いいたします。

 (小規模のグループでも対応可能です)


☆【無料】お試しセッション(30分)であなたの課題や セールスポイントを見つけましょう!


◎お問合せは下記メールかDMにてお待ちしております!

≪あなたの業績を上げるアイデア、あります。≫

【まごころ営業コンサルタント】

 有限会社種屋 代表取締役 橋本勝彦




最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page