営業がお客様から求められている信頼とは?④

こんにちは。種屋の橋本です。

今日も中小企業で頑張っている方に向けて、ビジネスのお役に立てる

ヒントなどを書いていこうと思います。

営業というお仕事をしていく上で、お客様からの「信頼」を得るために

大切な事、の4回目です。

信頼を得ていくために必要な事を大きく5つに分けてみました。

①専門知識

②コミュニケーション

③企画力

④人間力

➄目標達成意欲

今日は④の人間力です。

対面の営業の場合、初対面の印象はすごく大切です。

相手は はじめまして の瞬間にあなたがどんな人か?を判断します。

ですから、相手に不快感を与えない身だしなみは重要です。

社会人の身だしなみは「アピアランス」と言いますが、

詳細はアピアランスについて書いた記事のリンクを貼っておきますので、こちらを読んでみてください。

https://blog.ameba.jp/ucs/entry/srventryupdateinput.do?id=12588572502

アピアランスと同じように大切なことは、基本的なマナーです。

挨拶をしっかりできるとか、敬語でお話しするとか。

相手に対する敬意が行動に表れているか?といった基準で

チェックできるといいですね。

僕が社会人になったときは、ちゃんとしている、と思った先輩の

行動を見て、自分がわからないことはマネをしていました。

よく観察していると、お客様の前で礼儀正しくしている人は

普段の行動からきちんとしている、ということがわかりました。

人はどうしても普段、身に着いた行動が所作に出てしまいますので

ある場面だけきちんと行動しようと思ってもボロが出るものですね。

お客様の接していくうちに

人によってはやってしまいがな注意点があります。

お客様と何度もあっていると、だんだん親しくなってきます。

親しくなることはいいことですが、その親しさに甘えて、

ついついなれなれしく言葉遣いになってしまったり、

あだ名で呼んでしまったり、「ちゃん」付けで呼んでしまったりする

人がいます。

これは相手に敬意をもって接している感じではないですよね。

お客様は友達ではないのです。

いくら仲良くなっても、注意するようにしましょう。

アピアランスやマナーに関しては、

多くの人が、お客様に不快な思いをさせない、というレベルに

なっていると思います。

同僚で余程目に余るような人がいたら、そっと上司から

注意をしてあげるといいと思います。

お客様からの信頼を得るための人間力、には

スピードも上げられると思います。

ご依頼されたことに対する回答のスピードや

メールなどの返信のスピードといったことです。

人に何かメールで依頼した時に、すぐに返事が来たら、

どう思いますか?

きっとこの人は自分の事を優先して対応してくれている、と

思うのではないでしょうか?

すぐに答えが出ない時は、ご依頼をいただいたお礼と

回答はお調べしてからすぐに送ることだけを返信すればいいんです。

いつ頃に回答できるか?の見込み期日もわかるともっといいですね。

また、誰かに何かをしていただいた時のお礼なども

できるだけ早くした方がいいですね。

お客様から発注をいただいたときにお礼をする。

お客様と食事をご一緒した時にお礼をする。

先輩にごちそうしてもらったときにお礼をする。

お礼をできる場面は沢山あります。

お礼をスピードですることも相手の事を大切に思っていることの

意思表示なのです。

メールなどにすぐに回答することはお客様の信頼以外に

自分にとってもメリットがあります。

それは、後でやろう、と思って忘れてしまうことがなくなることです。

お客様に喜ばれて、自分のミスもなくなる。

ぜひ、実行してみてください。

お客様は商品やサービスだけでなく、

あなたの人間性を見て契約をしてくれます。

今日、書いたことは自分ですぐに実行できることばかり。

ぜひ、実践してみましょう!


2回の閲覧

© 2023 by CONSULTING SOLUTIONS.(商標登録の例)Wix.comで作成したホームページです。

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon