名刺を活用しよう

こんにちは。「あなたから買いたい!をナビケートする

まごころ営業コンサルタントの橋本勝彦です。

社会人になって初めて名刺をもらった時。

やっと社会の一員として仕事ができるなぁと思いました。

アルバイトでは名刺はもらえませんし、僕は一時期していた

内装業のアルバイトでは名前も覚えてくれませんでしたから。

会社に入って15年ぐらいは既存先様の担当ばかりをしていましたので、名刺交換をするのは年に数回だけでしたし、会社の看板の下で

仕事をしていましたから社名と名前が書いてあればそれでよかったんですね。

ただ、新規開拓を始めるようになると「工夫」をするようになりました。

開発した靴のブランドで展示会に出るときや、ブランドのお客様とお話する際はブランドの靴箱と同じデザインの名刺を作ってお渡ししていましたし、社員の名刺は全員、1ランク上の役職を付けていましたね。

課長は部長、係長は課長😁

新入社員のデザイナーなんて最初の名刺が

チーフデザイナーです。

これは仕事をしていく上でプラスに働きますし、

渡された本人もやりがいを感じていつもよりも広い視野での

発言が出るようになります。

僕も名刺だけ部長でしたが、勝手にもっと自覚を持たなきゃなんて思っていました。

名刺に自分の実力を引き上げてもらう感じです😊

会社員の名刺は自分の意志だけで作り変えることって

難しいかもしれませんが、個人事業主の方でしたら

自分の好きなように作ることができます。

デザイン性のあるおしゃれな名刺も素敵ですよね。

名刺には二つ考え方があって、デザイン性を追求して

自分のブランディングとして使うこと。

そしてビジネスツールとして覚えていただく、ご注文につなげることを

念頭に置いて使うこと。

職種によって違います。

僕の場合は自分の仕事でどのように相手の方のお役に立てるのか?を

考えて名刺を作っています。

そして一部では名刺マニアと言われているぐらいに

頻繁に名刺を作り変えています😊

今の仕事を始めて3年になりますが、今、使っている名刺は

21代目です😉そして次のデザインがほぼ決まりましたので

これからオーダーするところなんですね。

今はWEBで頼むとパワーポイントを作るように簡単に

名刺をデザインすることができますし、安くてすぐに届くので

便利です。(100枚で1100円ぐらいで二日後に届きます)

なにをこれほど変えているのか?というと一番変わるのは

キッャチコピーですね。

お客様によって名刺を3種類持っていて、

・個人事業主の方向け

・企業様向け

・講演などを主宰している方向け

僕がやっていることは、相手が誰でもそれほど変わらないのですが、

それぞれなりたい姿が違いますから、使い分けをしているのです。

名刺は大切なビジネスツールですが、僕の感覚では

手のひらサイズのチラシ、という感じです。

名刺を変えるきっかけは、異業種交流会などでの会話です。

僕の仕事の話をする際、相手の方の反応を見ているんですね。

僕がセールスポイントと思っていたところではないところへの

ご質問があったり、反応が良かったりすると

「ちょっと違ったかな?」と思うわけです。

そして別の機会に前回反応が良かったところを強調してお話をしてみて、また反応を確認しています。

それ以外にも、交流会で配られる一言プロフィールに各言葉の

反応や、自己紹介の反応などでも自分の仕事の伝わり具合が

分かります。

この繰り返しをして何度も新しい名刺になっているわけです。

先ほど名刺はチラシと書きましたが、名刺もチラシも一度作って

終わりではありませんが、多くの方は完成して安心し、

大量の印刷をして(安くなるから)、環境が変わってもなくなるまで

使い続けています。

これは持ったいないですね。

一度、今の自分の名刺が自分のお客様のニーズに合っているか?

チェックすることをお勧めします。

☆営業に不安のある方、営業に自信のない方向けにコンサルティングをさせていただいて

 います。理論だけでなく実践経験に基づいたサポートをさせていただきますので、

 具体的にやるべきことが分かり成果につながります。

☆企業研修にも対応いたしますので、お気軽にご相談ください。

☆【無料】お試しコンサル(30分)ご利用ください!

◎お問合せは下記メールまでお願いいたします。

≪あなたの業績を上げるアイデア、あります。≫

【まごころ営業コンサルタント】

 有限会社種屋 代表取締役 橋本勝彦

 Mail katsuhiko-hashimoto@outlook.jp

 HP https://www.taneya.biz/



閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示