共通点を探す!

こんにちは。種屋の橋本です。

人と人が仲良くなり、信頼関係を築くこと。

それは心理学の用語でラポールと言ったりします。

ラポールってもともと「架け橋」のことなのですが、

要は心と心の架け橋をかける、という感じです。

このラポールを築くために、とても簡単な方法があります。

それは、過去を共有することです。

例えば、出身地が同じだったり、同じ学校の出身だったりすると

なんか、他人とは思えない感じになりませんか?

僕はこのことを意識するようになってから、

始めて会った方とのお話しの仕方が変わってきました。

自分との共通点がないか?考えながらお話しています😁

いろいろなご縁がつながっていく中で

信じられないようですが、同じ場所で同じ体験をしている人に

出会ったりします。

僕のご縁の例ですが、

僕はプロ野球はスワローズを応援しています。

それほど熱狂的なファンではないと思いますが、 やっぱり勝つと嬉しい。(来年頑張ろう!)

もう、30年ぐらい前だと思います。

たまたまチケットをいただいて神宮球場に見に行ったんです。

スワローズ対カープ戦。(1992年9月24日)

優勝を目指して絶対に負けられない一線でした。

そしてその試合で、1500日以上の欠場から、あの男が神宮球場に

帰ってきたのです。

何度もの怪我やアクシデントを乗り越えて帰ってきました。

そう、スワローズのスーパースター荒木大輔投手。

ピッチャー交代で背番号11がブルペンから出てきたとき、

夢を見ているようで信じられませんでした。

まさか、目の前で荒木投手を見ることができるとは!

もう、投球練習をしている時から涙が止まりませんでした。。。

このまま書いていくと、終わりませんので、これぐらいにしておきますが、そんなスワローズファンの伝説の一日となった試合。

なんと、僕が前職で大変お世話になった方が現場にいたと!

社内で二人しかいないスワローズファンが同じ場所にいた!

凄い偶然です。

その話をしてから、当然、今まで以上に仲良くなりました。

それからかなり後になり、今から5,6年ほど前にある人に 紹介されて出会った友人。

今は勝手に大切な仲間と思っているその方は

僕よりもかなり熱狂的にスワローズファンなのですが、

なんと、その方も同じ日に神宮球場にいたということがわかりました!

仲良くならないはずがありません!

僕にとっても大切な日の事を書いていたため、熱くなってしまいましたが、もっと身近なところでも過去を共有することができます。

僕がこの仕事を始めて、最初に講演のご依頼をいただいた方とは、

同じ時期に浅草で働いていた、という共通点がありました。

しかもかなり近くで。

お話している中で、3人の講師から提案があり、誰に依頼しようか?

考えていたけど、せっかくなら昔のご縁がある人がいいかなぁと

言っていただきました。

これは、僕が提出したセミナー企画書のプロフィールに

浅草で働いていた事を書いていたから、つながったお話です。

そう自分の過去の何が共通点になるか?わかりませんので、

プロフィールはいろいろと書いておいた方がいいですね。

できるだけ細かくです。

書類とかでしたら紙面に限界がありますが、webとかでしたら、

記事にしてどんどん増やしていけばいいので、沢山書くことができます。

そういえば、最近商談させていただいた人は、僕の住んでいる隣の区のご出身で、高校の学区も同じでした。

そのお話しを聞いたときに、心の中で「ラポーーール」と(笑)

深堀してお話しすることができました。

相手の過去にも関心を持ち、人間関係を築いていくこと。

これって営業にとっても大切なことなんですね。

もちろん、現在の同じ趣味とかでもOKです。

共通点がある人とはすぐに仲良くなれます。

ぜひ、お試しください!

☆弊社へのお問合せ、セミナー、研修のご依頼などは

 下記よりお願いいたします。

  (有)種屋 代表取締役 橋本勝彦

  mail: katsuhiko-hashimoto@outlook.jp


0回の閲覧

最新記事

すべて表示

字が下手なグランプリ?

こんにちは。種屋の橋本です。 今はコミュニケーションの手段がlineとか、メールなどのツールに なっています。これはビジネスでも一緒ですね。 ですから、字を書く機会が減っていて、僕も漢字を結構忘れてしまっています😅 手書きで書くのは自分のメモぐらいでしょうか? 僕は葉書を書く習慣があるので、字を書く機会はそれなりに あると思いますが、もともと字がうまくない事を自覚していますので、 できるだけ丁寧

直接聞いてみましょう

こんにちは。種屋の橋本です。 何か分からないことがあると、解決するために 色々な手段があります。 すぐできるのはスマホで調べること。 ほとんどの情報を得ることができますね。 後は本で調べたり誰かに聞いたりして 悩みや疑問点を解決するでしょう。 僕が靴の営業をしていた頃は(最初のころですが) スマホがなかったこともあり、その場で調べる、 という習慣はありませんでした。 何か困ったら、上司や先輩に聞く

© 2023 by CONSULTING SOLUTIONS.(商標登録の例)Wix.comで作成したホームページです。

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon