体は正直なのです

こんにちは。種屋の橋本です。

人の体は食べたものでできています。

あっ人だけじゃなく生物は、ですね。

ですから、できる範囲で、ということになりますが、

体に良い、と思われるものを食べた方がいい気がします。

少し前に届いたメールマガジンにこんなことが書いてありました。

顔とかにできる吹き出物について、

黄色のできものは乳製品のとりすぎ、

赤いできものは砂糖のとりすぎだと。

日本人は元来、乳製品を取って生活をしていませんでしたので

代謝が苦手なんだとか。

また砂糖を取りすぎると、膵臓や脾臓に負担がかかり、

打たれ弱くなり、肝臓にも負担がかかるので、イライラするようになるらしいです。

僕は乳製品も砂糖も大好き。。。

ただ、今は少しだけ体重を気にしているので

甘い系の間食は控えています。

また少し前に虫歯が発覚してからは、

大好きな飴も食べなくなりました。

僕は結構できものができやすかったのですが、

そういえば、最近はできていないなぁなんて思っていました。

そしてこのメルマガを見て納得です。

先日、あるセミナーに行ったのですが、お昼から夜までの

長い時間の予定でしたので、さすがに頭も使うし、

少しだけ、と思い、チョコレートを買っていきました。

休憩時間に食べるつもりでした。

予定では、16時過ぎぐらいに休憩があったので、そこで食べようと

思っていたのですが、なんと時間が押して、その時間の休憩はなく

最後まで休みなしでのお勉強でした。

チョコレートはそのままカバンに入ったままになっていて、

翌日、そういえば買ったなぁと思い出し、少しだけチョコレートを

食べました😁

久しぶりのチョコレートはおいしい!

で、数日後、赤いできものが、顔にできてしまいました。

偶然かもしれませんが、自分の体でメルマガの内容を

証明した感じです。

飲みすぎると次の日の朝は調子がでない、とか

筋トレをすると筋肉痛になるということはよくわかるのですが、

チョコレートもこんな感じで現れるんです。

これはチョット気を付けないといけませんね。

人って真剣に頭を使っていると、無性に糖分(砂糖)が欲しくなります。

以前受けた研修とても頭を使う研修で、主催者が軽いオヤツを

用意してくれていました。

オセンベイとかチョコレートとかです。

一緒に研修を受けた仲間とウンウンうなりながら、

課題を進めていたのですが、ある時間を過ぎると

次々にオヤツが置いてあったテーブルに足を運び、

皆が食べていたのは、あまーーーいチョコレートや飴でした。

詳しくはわかりませんがいろいろと考えるエネルギーを使うと

体の糖分が不足するのではないかと思いました。

ある食べ物は体に良くない、という観点で、いろいろな記事を目にします。

高温で処理したポテトとか、牛乳だとか・・・

そう考えると、何も食べられなくなってしまいますよね。

例えば、果物や野菜。

しばらく食べないで置いておくと腐ってしまいますよね。

冷静に考えると、自然界にある植物は腐りません。

枯れるんです。

自然の原理に反しています。

ただ、生産して流通させる、と考えるとどうしても効率、という課題が

発生しますから、とても難しい課題です。

ですから公式な機関で承認された物を使って

おいしく食べられる野菜や果物を作ってくれていることに

感謝いていただきます!

まあ、正直言ってどれだけ体に影響があるか?体感できませんしね。

先ほど書いたチョコレートも食べすぎは良くないかも、ということであって、どうしても食べたくなったら、おいしくいただく方がいいと思います。

我慢のし過ぎも良くない気がします。

甘いものも、(今日は触れませんでしたが)お酒も、

ほどほどにして楽しむことがいいのかな、と思います。

ほどほどにね😊


0回の閲覧

© 2023 by CONSULTING SOLUTIONS.(商標登録の例)Wix.comで作成したホームページです。

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon