top of page

伝説の男たち 12 恐怖のゲーム

こんにちは。「あなたから買いたい!」を実現する、

まごころ営業コンサルタントの橋本勝彦です。


今日は日曜日なので箸休め。


いつもは僕が昔一緒に働いていたとても個性的な仲間の

エピソードをご紹介していますが、今回は僕の体験談です。



僕はずっと営業に所属していましたが、企画部の仲間と一緒に

中国の工場にたびたび言っていました。

多い時で年に4,5回。


今思うと、現地の日本人の責任者と企画のスタッフの相性が悪かったため、理由をつけて僕を同行させていたのかな。

その責任者の方は僕が入社した時から知っていましたからクッション役です。



宿泊は上海市内のはずれの事務所の近くで

工場は隣の江蘇省にありましたので、毎日車で往復していました。



昼間はがっちりと仕事です。

大体工場を三つぐらい周り生産ラインのチェックから、

検品の基準の指示(これが一番多かったですね)

新デザインのサンプルの依頼など盛りだくさんでした。

工場にはサボるところがありませんから日本にいる時以上に

仕事をしていましたね😁



仕事が終わると工場の社長と会食をしてから、上海市内に戻ります。

ホテルに荷物を置いてからカラオケです(笑)

契約していた現地のエージェントの方がカラオケ好きで😁


ご存じの方もいるかと思いますが、当時の中国のカラオケ店は

ほぼ×××!

僕達はまじめでしたのでお酒を飲んでゲームをしていただけでしたが…(だからここに書けるんですけどね)


そのゲームは楽しかったのですが、お酒がそれほど飲めなかった僕は

大変でしたね。

この遊びがエージェントさんが大好きなので、毎回付き合っていました。


どんなゲームかというとお店に入ると、僕たちはそれぞれ

お店の女性スタッフとペアになります。


そして三つのサイコロを振って出た数を比べて負けたチームは

お酒を一気飲みするんですね😅

ですから、僕のペアになってもらう女性はいつも「お酒の強い人」で

お願いしていました。日本語なんてわからなくても大丈夫!

漢字を書けばどうにかなりますから。



で、このお酒が曲者でアイスペール(氷をたくさん入れるバケツみたいなやつ)に氷を入れ、赤ワインを一本全部入れます。

そしてセブンアップを1リットル!


結構おいしいんですね、これ😆

これがなくなるまで、永遠とサイコロゲームです。。

僕もペアの女性と交代で飲みますから、もうフラフラ。

ただ中国のカラオケのトイレで倒れると何か起こるかわかりませんから

必死でした😅



ある時などはそのお店にワインがなかったみたいで

でできたのはウイスキー!

これもアイスペールに1本全部入れます。

そして継ぎ足したのはお茶でした。

中国のペットボトルのお茶って少し甘いんですよね。

(結構好き)

これをサイコロゲームで一気飲みです。


コップは小さめでしたがかなり酔いました。



最初にそのゲームをした時は、その状態でホテルに送っていただき、

シャワーを浴びたのですが、シャンプーがどれだかわかりませんでした。。。


小さい袋に入っていたのですが絵が微妙でしたし、中国語は

全く読めません。


で、いくつかある袋の内、適当に一つとって頭を洗い、

そのまま体を流して寝てしまいました。

アワアワになったので、まぁなんでもいいやと😁


大変だったのは翌日です。



何と髪の毛がバサバサ(笑)

そして肌もガサガサ😱


それで、嫌な予感がして、昨日使ったシャンプー(と思っていたもの)を

見てみると・・・・


女性が川で洗濯している絵が描いてありました😅


どうも洗濯石鹸で髪を洗っていたようで・・・



このお話を書いていたら、中国出張でのエピソードを

次々に思い出しました(笑) また次の機会にご紹介しますね!


いずれにしても出張はいろいろなことが起こるから楽しいですね!


また行きたいなぁ


☆あなたの営業力をアップして成果につながるオンラインセミナー!

 お申込みはこちらから!


☆営業に不安のある方、営業に自信のない方向けにコンサルティングをさせていただいて

 います。理論だけでなく実践経験に基づいたサポートをさせていただきますので、

 具体的にやるべきことが分かり成果につながります。

☆企業研修にも対応いたしますので、お気軽にご相談ください。

☆【無料】お試しコンサル(30分)ご利用ください!


◎お問合せは下記メールにてお待ちしております!

≪あなたの業績を上げるアイデア、あります。≫

【まごころ営業コンサルタント】

 有限会社種屋 代表取締役 橋本勝彦



閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page