仲間と仲良くなる方法 

こんにちは。「あなたから買いたい!」を実現する

まごころ営業コンサルタントの橋本勝彦です。

今日は日曜日なので箸休めです。

僕はよく、お酒が強い、と言われますが実はそんなことはありません。

学生時代は少し飲んでいましたが会社に入ってからは

かなり手荒な歓迎会があり、

「この会社の人たちと飲むようになったら、命が危ない」と思い(笑)

社内では「飲めないキャラ」を徹していました。

また普段は車で通勤していましたから、飲まないいいわけにも

なりました。

僕の歓迎会の記憶といえば、飲まされて気分が悪くなり10回トイレに駆け込んだこと(フタケタ達成で覚えています)、腰が抜けるほど飲まされたのに4回も電車の乗り換えをして無事に家に帰ったこと(奇跡!)、

家に帰った後、赤いキツネを食べようと用意をしてお湯を入れる直前に転んでしまいスープの粉を床にばらまいたこと(お酒が足腰に効いていた)、そのままお湯を入れて食べたら味がしなかった事(当然)。

若手の内は飲まされる、いや飲ませていただくこともありましたが、

ある程度キャリアを積んでからは忘年会の乾杯もコーラでした。

中国に行っても食事の時はコーラかお茶です。

最初に本当に飲めないので、と伝えてもらっていました。

(たまに夜にコンビニに行ってこっそり青島ビールを買って飲んでいました)

今から10年ほど前でしょうか。

ある部下と出張に言った際、部下に付き合って少しだけビールをのんだら、僕がお酒に付き合ったことを本当に喜んでくれて

それ以来、少しずつ社内の飲み会でもお酒を飲むようになりました。

その頃には怖い先輩方はいませんでしたから😁

ある時、別の部下と福井に出張に行きました。

二人で大きなサンプルバックをもって、初日は名古屋で商談をし、

夕方から翌日の商談に備えて福井入りです。

その出張では部下が宿泊のホテルを予約してくれました。

確かにいいホテルだったのですが、駅からは少し離れていて

駅前にいくつかあるチェーンのホテルでよかったのに、なんて

思っていました。

今思うとそれでよかったんですね。

駅前のホテルに泊まっていたら、視野に入るチェーン店の居酒屋さんに入っていてたと思いますが、繁華街から少し離れていたので、

ホテルで飲み屋さんを聞くことにしました。

(僕は出張ではチェーン店のお店には入らないルールがあります)

そうしたら駅からさらに離れた場所にある居酒屋さんを教えてくれて

そこに行くことにしました。

その部下はとても信頼をしていましたが、二人で飲みに行くことは

ありませんでしたので、いろいろとお話するチャンスでした。

お店の方に食べ物とお酒の名物をお聞きして美味しくいただき

4,5時間過ごしたでしょうか。

とても楽しい夜でした。

翌日の商談は無事に終わり、帰りに新幹線で部下に出張同行の

お礼を言われ、その時に

「昨日みたいな飲み会、他の部下も連れて行ってあげてくれませんか?」と言ってくれました。

僕は部下、という感覚よりは仲間とという感じだったのですが、

やはり組織ですから、気を使ってくれたり、僕の事をちょっと怖いと

思っている人もいたようです。

それ以来、月に数回、きっかけを作って飲み会などをするようになりました。

会社の忘年会などは5次会ぐらいまで行っていましたね(笑)

1次会が社内で15時スタートですから、終電まででもたっぷりと

時間が在りましたね(笑)

会社が浅草にありましたからいろいろなお店がありますし、

お気に入りのお店もできます。

今ではすっかりと飲み会が好きになり、なんとなく仲良くなった友達と飲みに行くことが楽しみになりました。

お誘いすることもあるかと思いますが、

ぜひ、お付き合いください(笑)

ブログで書けないエピソードもご紹介いたします(笑)

☆営業に不安のある方、営業に自信のない方向けにコンサルティングをさせていただいて

 います。理論だけでなく実践経験に基づいたサポートをさせていただきますので、

 具体的にやるべきことが分かり成果につながります。

☆企業研修にも対応いたしますので、お気軽にご相談ください。

☆【無料】お試しコンサル(30分)ご利用ください!

◎お問合せは下記メールまでお願いいたします。

≪あなたの業績を上げるアイデア、あります。≫

【まごころ営業コンサルタント】

 有限会社種屋 代表取締役 橋本勝彦

 Mail katsuhiko-hashimoto@outlook.jp

 HP https://www.taneya.biz/



閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示