top of page

下ったら一歩ずつ昇ろう

こんにちは。「あなたから買いたい!」を実現する、

まごころ営業コンサルタントの橋本勝彦です。


僕は去年の夏から不定期的に近所をジョギングするようになりました。

月に5,6回程度ですから自慢するほどではありませんが、

ジョギングをするなんて高校生の時の部活動以来ですから

約35年ぶりです(笑)


当時は長距離走が大得意でビュンビュン走っていましたが、

今は途中で止まらないように、完走できるように必死に走っています😅

また膝が痛くなったりしたら回復に時間がかかりますから、

無理もしません(笑)


*去年、一度頑張りすぎて足腰に負担がかかりぎっくり腰になりました😥



元々は中学生の息子が部活もなく、運動不足なので、妻が考えたコースを夜に走らせていたのに付き合ったことがきっかけですが、

今は仕事が終わってから一人で走っています。


大げさに書いていますが、実はこのコース。

普通に走ると20分ぐらいなんですよ(笑)


ただ僕の家の近くは坂が多くて、家から平地を少し走ってから

坂を下っていき、後半の1/3ぐらいはずっと上り坂なんです。

これがかなりきついんですよね、オヤジにとって(笑)



それでも坂を上がらないと家に帰れませんから、

一歩ずつ上っていきますが、走りながら、思ったんですね。



これって他の事でも一緒だなぁと。。。


(最近は少し慣れてきて余裕ができてきたので、

走りながらいろいろなことを考えています。)




仕事をしているといつでも順風満帆というわけではありませんよね。


何かに躓いて坂を落ちるように業績が下がっていくこともあります。



僕も会社員時代に経験しました。


いろいろな環境の変化があり、年間で億単位で売上が下がってくる。また他の悪い要因も重なり、あっという間に倒産寸前。。。



当時は年次や月次の数字を見るたびに、

「もうこれ以上落ちることがないから昇るだけだ」と

自分に言い聞かせていましたね。


僕は経営者ではありませんでしたからこの程度でしたが、

社長はもっとご苦労をされていただろうと思います。



当時からいろいろな仲間の企業などを見てきていますから

よくわかりますが、仕事ってこの繰り返しなんてすよね。


時代がどんどん変わっていますから、平坦な道はありません。



下り坂もあれば上り坂もあります。



そんな時、本当に大切なのは、あきらめずに一歩昇ること。



下を見るともっと落ちていきますから、

しっかりと上を向いて一歩ずつ。

あせって駆け上がる必要はありません。



一歩ずつ坂を上っていくと、ある時、目の前にエスカレーターが

出現することがあるんですね。

そうなったら一気に昇ればいいんです。



坂を上るってエネルギーが必要ですよね。

目標とか気力とか。


そして一緒に上ってくれる仲間。

応援していれる仲間。

もう一歩、頑張れるように背中を押してくれる仲間。


またそっと見守ってくれる仲間も素敵ですね!



いずれにしても最後は自分で上っていくしかありませんから

休みながらでも進んで行きましょう。



僕が上り坂を走っているとき、いつも思っているのは

当たり前ですが「確実に一歩は進んでいる」と言う事です。


一歩踏み出せば一歩上る。



ジョギングではゴールがありますが、

お仕事でのゴールは自分の目標とか夢とかになりますよね。


そして一つのゴールに着いたと思ったら、もっと高い所があることに

気が付いてまた進んでいくんですね。



僕はこうやって坂を上っていこう、という人を応援するのが大好きです😊


そして一緒に上っている仲間が沢山います。


距離があったりして中々会うことができない人。

また画面でしか会ったことがない人もいます。



お互いがそれぞれの坂を上りながら、

いつも頂上で出会う事を夢見ている。


冷たいビールで乾杯しようよ!!



☆あなたの営業力をアップして成果につながるオンラインセミナー!

 お申込みはこちらから!


☆営業に不安のある方、営業に自信のない方向けにコンサルティングをさせていただいて

 います。理論だけでなく実践経験に基づいたサポートをさせていただきますので、

 具体的にやるべきことが分かり成果につながります。

☆企業研修にも対応いたしますので、お気軽にご相談ください。

☆【無料】お試しコンサル(30分)ご利用ください!


◎お問合せは下記メールにてお待ちしております!

≪あなたの業績を上げるアイデア、あります。≫

【まごころ営業コンサルタント】

 有限会社種屋 代表取締役 橋本勝彦














最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page