リアルはいいなぁ


昨日、久しぶりに対面のセミナーを


行いました。

前回が2月でしたので、なんと8か月ぶりです。

受講いただきました皆様、ありがとうございました!

今回は東京商工会議所の練馬支部様の主催でした。

僕の第二の地元から再スタートです。

これもご縁ですね!

当初は3月3日に行う予定だったのですが

コロナで延期になっていたんです。

今回も募集枠を半分にしての開催でした。

受講者の方の席も、1テーブルにお一人が座る感じで感覚を空け、

講師との間も2列ぐらい空けてのセミナーです。

ちょっと皆さんが遠くにいる感じでしたね。。。

これからはこういった形式になっていくと思います。

そんな感じでしたので、いつもですと、お近くの方と

簡単なワークをしていただいたりするのですが、今回はやめて

一人でできるタイプのワークに切り替えました。

本当は、誰かと共有したりすると場も温まるのですが・・・

僕も受講者の皆さんの席に方には、できるだけ入っていかないように

それとなく言われました。

感染対策はできるだけ協力していかないといけないですね😊

セミナーのテーマは

『少数精鋭で業績を上げる最初のステップ』

中小企業が業績を上げていくために必要な事を

お話ししました。

このテーマは弊社のコンサルティングの全体像をお伝えしています。

お客様に喜ばれる企業文化の作り方から始まり、

職場環境の改善の目的ややり方、

そして社員にとって大切なマネージャーの育成、

営業の強化までです。

それぞれのテーマが研修だと3時間とかになりますが、

要点だけをお伝えしながら、2時間のセミナーです。

真剣に聞いてくださる方が多く、やりがいのある時間となりました。

最近行っているオンラインセミナーは90分ですので、

120分のセミナーは時間の感覚が違います。

またオンラインよりもリアルの方がサクサク進みますので

より多くの内容をお伝えすることができます。

ですので自分の感覚をリアルセミナーに近づけないといけないな、と

感じて資料の作り直しをし、事前に120分通しのリハーサルを

自宅で何回も行いました。

毎回時間を測り、お伝えしたい内容をきちんとお話しできているか?や

伝わるように表現できているか?など当日の朝まで確認をしていました。

セミナーの資料には、大体の時間の進行をメモしてあります。

お話しをしすぎて時間オーバーしないように・・・

ところが、今回は逆のパターンになりました。

ワークができなかったりして、予想以上に進行が速かったんですね。

前半が終わった時には5分ぐらいだったのですが、

後半がはじまり、1/3ぐらい過ぎたところで10分も早く進行しています。

このままでは、早く終わりすぎてしまいそうです。

そこで急遽、お話しをする予定の無かった僕のエピソードを話の流れに沿って二つ、ご紹介しました。

体験談の引き出しの多いことが僕の強みでもあります。

実はセミナーの多くのポイントでそれぞれいろいろな体験談や

事例があるのですが、時間の関係でその中から

いくつかだけをご紹介しているんですね。

結局、時間丁度に終わり、うまくまとめることができました。

受講していただいた皆さんが、一つでも会社に持ち帰り、

実践していただくと嬉しいなぁと思います。

セミナー後、お名刺を交換させていただいた方からは、

「今までうまく社員に説明できなかったことを説明してもらえてよかった」

というお声もいただきました。

早速、明日には実践してもらえそうで嬉しいです!

来週には皆様からのアンケートの集計をいただけると思います。

皆様からの「声」によってセミナーは毎回内容を修正しています。

ですから、良かったことも、分かりにくかった事も

書いていただけると嬉しいのです。

これから2週間おきぐらいにセミナーをさせていただきます。

皆様にお会いできること、楽しみにしております!

1回の閲覧

最新記事

すべて表示

ライブですね、やっぱり

こんにちは。種屋の橋本です。 昨日は、東京商工会議所・豊島支部様主催のセミナーで お話しをさせていただきました。 このセミナーは当初、3月に行う予定でしたが、 コロナの影響で延期なっており、やっと開催できた感じです。 受講いただきました皆様、ありがとうございました。 今回のテーマは営業力アップです。 「お客様があなたのファンになる営業の極意」 僕の体験事例を10個ぐらいご紹介しながらのセミナーに

昭和だなぁ

こんにちは。種屋の橋本です。 先日行いましたセミナーで、マネージャー職の育成の前提として まず、自分と違う世代の人と一緒に仕事をしていることを 認識しよう、とお話ししました。 その際にちょっと昔話として、僕が就職したころの環境を ご紹介したのですが、そこで「クスッ」と笑ってくれた方は きっと同年代です(笑) 例えば、 ・会社にパソコンはなく、始末書などは手書きかワープロ ・携帯もポケベルもない。

道徳の授業を受けました。

こんにちは。種屋の橋本です。 昨日は、月に一度の上の子の中学の公開日。 事前の連絡では3時間目の道徳は、ぜひ見に見て欲しい、という 内容でした。 天候が悪かったことや、公開日が2回目だったこともあり うちの子のクラスでは見学者は僕を含めて二人だけでしたが、 参加させていただく気持ちで見学をしていました。 道徳のテーマは「いじめと差別について考える」ことでした。 なぜ、いじめが起きるのか? そしてど

© 2023 by CONSULTING SOLUTIONS.(商標登録の例)Wix.comで作成したホームページです。

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon