ライバルに勝つ?

こんにちは。あなたから買いたい!を実現する、

まごころ営業コンサルタントの橋本勝彦です。

自分と同業のライバルとの関係って、

企業で働く場合と個人事業主では違います。

企業で働いていると、担当している市場で

ライバル社に勝たないと売り上げを上げていくことは出来ません。

対企業様のお取引であれば、お客様の予算は限られていますし、

僕のいた流通業界でしたら売り場の面積は決まっていますから、その中でどうやって売り上げを増やすか?いつも考えていました。  

ただいつもバチバチの関係かというとそうではなくて、表面上はお互いがうまく付き合っていました。

時にはバイヤー様対取引先連合という構図になることもありましたので横のつながりは大切です。

大きな商談では出切るだけ単価は落とさないようにしながら、ライバル社に勝って受注を目指して いくのですが、過去に一度だけ、

「わざと」負けるように仕掛けた事がありました。

それはある地方のお客様が地域と連携して

ゆるキャラのオリジナル商品の発売をすることになった時です。

普通に考えるとこのような案件は数が出ますし

一括買い取りになりますから多少値段が厳しくても取りにいくのですが。。。

僕はとてもとても嫌な予感がしていました😅

まず商品を発売したいイベントが全く話題になっていなかったこと😅

自治体を巻き込んでのイベントなのに、全然、華がない。。。

そしてこちらがもっとまずいのですが、

そのお客様がイマイチ信用出来ないというか(笑)

お金はしっかりと払ってくれるのですが、約束をどこまで守ってくれるか?疑問でした。

社内で企画部長と話しましたが全く同じ意見でしたので、社長に事情を話してライバル社にガンバってもらおう、ということになりました。

そうはいっても業者は3 社ぐらいしかいないので一応サンプル提出ぐらいまでは参加しないとやる気がない、と思われてその後の取引に影響します。

それでとりあえずサンプルを作成しましたが、やる気がないので

まー精度の低いサンプル(爆)

工場に無理をお願いしてサンプルをなんとか修正し、工場の事情を伝えた上で怒られるぐらいの値段を提出して見事に負けました😝

それでどうなったかというと一番のライバル社が受注をして、納品の段階になったら

予定数の半分ぐらいしか納品出来ず、

後の在庫は数ヶ月間以上未引き取りで、その間の倉庫代もいただけず、しかも全然売れずに値引き交渉までされていました😅

嫌な予感が的中です。

ライバル社の担当が困って僕に相談をしてきましたね。

沢山愚痴を聞いたので、書いたような事情が伝わったて来たんです。

当時はコンサルでは ありませんでしたが、あまりにかわいそうなので

業界の先輩として(笑)

上司への報告の仕方とお客様への

交渉の仕方をアドバイスしました。

個人事業主ではこれほどライバル社を意識することはないと思いますし、逆に同業者と一緒に何か出来ることがあると思うんです。

一人のお客様を取り合うよりも、もっと大きなパイを分け合うことを考えた方がいいんですね。

ですから僕は同じような仕事をしている人とご縁があったときには、何かコラボ出来ないかな、という観点でお話ししています。

一人では出来ることに限界や制限がありますから。

いろいろと見ていると、コンサル同士のコラボイベントって

意外に少ないように感じます。

営業コンサル同士のトークショーなんて面白いかもしれませんけどね。

方法が異なっていても、価値観が同じであれば

楽しいイベントになりそうですが・・・

これはそのうち、感性が似ている人と出会ったら企画しましょうか(笑)

いずれにしても行きを増やすよりも、仲間を増やした方が

ビジネスは発展していきますから、同業者の皆さん、

僕にも優しくしてください(笑)

☆営業に不安のある方、営業に自信のない方向けにコンサルティングをさせていただいて

 います。理論だけでなく実践経験に基づいたサポートをさせていただきますので、

 具体的にやるべきことが分かり成果につながります。

☆講演のご依頼、企業研修のお問合せは下記までメールにてお願いいたします。

 (小規模のグループでも対応可能です)

☆【無料】お試しセッション(30分)であなたの課題を見つけましょう!

◎お問合せは下記メールにてお待ちしております!

≪あなたの業績を上げるアイデア、あります。≫

【まごころ営業コンサルタント】

 有限会社種屋 代表取締役 橋本勝彦

 Mail katsuhiko-hashimoto@outlook.jp

 HP https://www.taneya.biz/


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示