ブランディング

こんにちは。種屋の橋本です。

皆さんは自社のまたは自信のブランディングって考えたことが

あるでしょうか?

ブランディングの意味っていろいろな解釈があると思うのですが、

相手からの「信頼」と考えることがわかりやすいでしょうか?

ブランド品というと、高級なファッションブランドや大企業の商品と

考えてしまいがちですが、そんなことはありません。

「あの角にある定食屋さんの生姜焼きは絶品」

これも立派なブランドですよね。

これを会社で意識することで売り上げをあげたり、商品やサービスの

単価をあげたりすることができます。

以前、見学をさせていただいた会社は、ガソリンスタンドなのですが、

併設されている点検場の環境整備が行き届いていて、

機械はほこりなどついていなく、工具などは決められた場所に

きちんと並んでいました。

また驚いたのは、床にオイル一滴も落ちていなかったことです。

失礼ながら、工場とか倉庫っていくら清掃をしても 限界があるのかなぁと思っていました。

目が行き届かないところがあってもしょうがないと。

それが、そちらの企業様をみたら僕の中の常識が変わりました。

その企業様で結果としてどんなことが起こっているかというと

ガソリンを入れに来たお客さまがトイレがきれいな事にびっくりし、

快適に感じ、すぐ横の工場の床はピカピカで清潔感がありますので、

車検や修理の相談などしやすくなり、お問合せが増え、当然、

売上もどんどん上がります。

「あの工場は清潔で安心」というブランディングがされています。

これって人でも同じことだと思いませんか?

相手の方に何かをご提案して契約をいただくことでビジネスは

進んでいきますので、相手の方からの信頼が大切になります。

相手の方から、この人なら信頼できる、と思っていただくことが

何よりも大切です。

ですから、清潔感のある服装をする、とか、自信を持った言動を

するとかが大切になってくるんですね。

これはブランド品を身に付ける、という意味ではありません。

(ブランドだらけだと、嫌味に受け取られる場合がありますし、

 年相応、ということも大切な気がします。)

大切なのは、自分がどんな服装をしたいのか?ではなく、

相手の方にどう思われるかです。

自分の好きなファッションは仕事ではない時に楽しめばいいでしょう。

(僕もオフの時は、Tシャツに短パンです😁)

また、言動も大切です。

椅子に座っているときには、背筋を伸ばして姿勢を良くしているか?とか、いつも笑顔で相手の方と接しているか?大きくはっきりとした声で

話して元気な人と思っていただけるか?

僕は会社員時代から、いつも相手の方に見られる事、

社内では部下に見られる事を意識していましたので、習慣と

なっていますが、相手の方はあなたの事を本当によく見ています。

自分でブランディングを意識すること。

相手の方に信頼できる人、と思っていただけるような言動をいつも

していくことは、自分のビジネスが有利に進むことにつながります。

「あの人にお願いすれば大丈夫」

こんな風に言われたいですよね!

☆社員の皆様で、もっと成果が出せるようになる研修を受けてみませんか?

お問合せは下記までお願いします。

 ヒアリングをさせていただいた上で、研修やコンサルティングの内容を

 御社オリジナルの内容にてご提案させていただきます。

☆初回の面談は30分無料(毎月限定5社まで)で対応しておりますので、お気軽にお問合せください。 オンラインでも対応いたします。

【千の極意を持つ研修講師】

【まごころ営業コンサルタント】

 有限会社種屋 代表取締役 橋本勝彦

 Mail katsuhiko-hashimoto@outlook.jp

 HP https://www.taneya.biz/



0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

勇気

© 2023 by CONSULTING SOLUTIONS.(商標登録の例)Wix.comで作成したホームページです。

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon