ナンバーワン

こんにちは。種屋の橋本です。

会社でも、個人の仕事でもやることを絞りましょう、という

お話しを書いてきましたが、これには人・物・お金といった

限られた資源を集中して使いましょう、という意味の他に

狭いエリアでNO,1になりましょう、という意味もあります。

お客様はNO.1しか覚えていないので、自社のサービスや商品など

なんでもいいのですが、NO,1にしていくことを考えていきましょう。

例えば、東京でベスト20のカレー屋さんよりも、

後楽園で一番のカレー屋さんを目指す、という感じです。

(何を基準にするのか?はわかりませんが・・・)

モールに出店してネットショップをされている方はぜひ、何の一番になるのか?を一生懸命考えた方がいいと思います。

よく楽〇市場さんなどで「リアルタイム ランキング1位!」といった

バナーを見かけないでしょうか?

これってお客様にとってはすごいブランドです。

そのジャンルで数ある商品の中で、一番多くの人に選ばれている、ということですから。

このランキングもよく見るといろいろな種類があって、

大きな範囲のジャンルでのNO,1ほどすごいです。

例えば、食品のNO,1は食品として登録されているすべての商品の中で一番売れている商品になります。

ただ細分化してみると、「ソーセージ」のNO,1があり、

その中にも「チョリソー」のNO,1があります。

さらに、「月間」「習慣」「デイリー」「リアルタイム」があります。

こうやって調べてみると、扱っている商品によっては、「穴場」の

NO,1を取れる可能性があります。

一度でも、一瞬でもNO,1になれば、堂々とバナーを掲示することが

できます。

僕は前職でwebショップの責任者をしていたことがあります。

実務はwebでの作業が得意な部下にお願いしていましたが、

毎朝ミーティングをして戦略を練っていました。

webショップは全くの素人からのスタートでしたので、

コンサルに方に相談しながら日々の施策を考えて実行していたのですが、ある程度、売れるようになってきたとき、自社で一番売れている

商品が実は結構ニッチな商品であることに気が付きました。

シーズンによっては、ライバル商品が沢山出回るのですが、

オフシーズンには本当に好きな人しか買わない商品です。

そこで、ランキングでNO,1を取るために、いろいろと作戦を考えました。

少し前に行った施策なので、今でも使えるか?わかりませんし、

皆さん、とっくにやられているかもしれませんが一応書いてみます。

その時に行ったのは、売れ筋の商品の欠品の入荷に合わせて

新カラーを発売したのですが、ポイントアップなどの予約特典を付けて

以前に購入いただいたお客様などにメルマガで告知して、

発売前に予約を取っていきました。

そしてセールの初日のタイムセールの広告枠を買って

その時間帯に一気に販売しました。

要は、事前の予約分とセールのお客様の受注をある時間に

一気に売り上げを立ててんですね。

その時間帯のニッチなジャンルの売上を異常値にしたんです。

結果はそのジャンルのリアルタイムランキングNO,1😁

広告枠は買うことができますが、ランキングNO,1は買うことができませんので、こんな手を使って取っていったんです。

実際は、セールの値引き分と広告枠の購入代金で

NO,1を買っているようなものですが、一度NO,1になりましたので、

堂々とバナーを掲示することができ、その後もその商品は

順調に売り上げを伸ばしていきましたし、店内を回遊していただくようにして商品も売れるようになりました。

日本で一番高い山は?誰でも知っていますが、

日本で二番目に高い山は?知っている人は少ないと思います。

自社でNO,1になれるものを探してみませんか?

☆弊社への講演・研修のご依頼、お問合せなどは下記までメールにて

 お願いいたします。 【まごころ営業コンサルタント】

 (有)種屋 代表取締役 橋本勝彦

 Mail katsuhiko-hashimoto@outlook.jp

 HP https://www.taneya.biz/



0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示