チャレンジとリスクの限度

こんにちは。まごころ営業コンサルタントの橋本勝彦です。

新しいことにはチャレンジし続けたほうがいいのですが、

チャレンジに際してどこまでリスクを考えるのか?という基準を自分で決めておくとチャンスが来た時の決断が早くなります。

リスクというと時間とお金、人などでしょうか?

まず時間に関しては

「そこにかかわった時に使うであろう時間と期待できる効果のバランス」になります。

趣味やボランティアでしたらやりたいこと、という基準で進めてOKなのですが、ビジネスであるとそこに将来の収益性を考えておいた方が

いいですよね。

何年もやっても何も残らない、という事の無いように。

もちろん、残したいのはお金だけではなく、人脈や経験が残ればOKの場合も沢山あります。

そして一番考えたいのはお金です。

投資の収益のバランスを考えないといけません。

もちろん、「お金を使っての〇〇はしない」と決めておくことも

いいと思います。

例えば、友人のセミナーに誘われた場合、余程聞きたい内容でなければ2000円までしか使わない、と決めるかどうか?ということですね。

独立したころには、よく電話営業をしていただきました。

よくわからないままずっとご説明をお聞きして最後に

「実は導入には会員登録が必要でして年間で〇〇万円です」といった

事がよくありましたね。

こんなことが続きましたので、最近は電話をいただいたら最初にお聞きするようにしています。

「これってお金とかかかるんじゃないですか?」って(笑)

大体普通の営業はここで「そうなんですけど」と言って引いていきます。

実は僕は何度も電話でしていたこの会話で、自分の営業などの

トークの組み立ての参考にしまして、今、使っています(笑)

また顧問先様などにもその内容をお伝えしています。

売られてみるとお客様の気持ちが分かりますから、

それまで思いつかなかった気づきが沢山あります。

お金のリスクは極端に言うと、

お財布を開かなければ損はしません。

ですから高額を請求されて、継続して話を進めたくなければ

その場でやめる、と決めておくといいでしょう。

先ほど、リスクの一つに「人」と書きましたが、それはどういうことかというと、誰かに紹介していただいた案件で思わぬリスクが発生しそうなときに、紹介をしてくれた方に気を使ってお断りできない、ということです。

または、依頼されてまたよくわかっていない人同士をつないでしまうこと。

どちらもリスクではないですか?

自分のことであれば自分で決めればいいのですが、

紹介してくれた人の顔を立てて不要な何かを買う事になってしまった、

ということが起こると、ちょっとそれまでの人間関係が変わってきてしまう事がありえるんですね。

こんなことを想像していますから、僕が人をご紹介する時には、

もしお役に立てないようでしたら、僕に遠慮せずに断ってくださいね、と

はっきりお伝えしています。

その方がお互いにとって気を使わなくていいんじゃないかなあと思っています。

いずれにしても何をするにしても、新しい事にチャレンジするには

大小の違いはありますが何らかのリスクが伴うものです。

自分の中で最初にルールを決めていくことで、大きな損はしませんし、

想定内であればその場で即決できることも増えてくると思います。

決断が早い人の方がビジネスで成功する勝率が高いのです。

それは決めているリスクをその場で考えているかどうか?

合わせて得られるメリットを考えているかどうか?

現状維持でしたら、環境が変わる分だけ後退です。

アンテナを張っていると、チャレンジできることの情報ってたくさんあります。

成果をイメージしながら、どんどんチャレンジしていきたいですね!

☆営業に不安のある方、営業に自信のない方向けにコンサルティングをさせていただいて

 います。理論だけでなく実践経験に基づいたサポートをさせていただきますので、

 具体的にやるべきことが分かり成果につながります。

☆初回の面談は30分無料(毎月限定5社まで)で対応しておりますので、

お気軽にお問合せください。 

☆企業研修にも対応いたしますので、お気軽にご相談ください。

≪あなたの業績を上げるアイデア、あります。≫

【まごころ営業コンサルタント】

 有限会社種屋 代表取締役 橋本勝彦

 Mail katsuhiko-hashimoto@outlook.jp

 HP https://www.taneya.biz/




閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示