コンサルVSコンサル

こんにちは。まごころ営業コンサルタントの橋本勝彦です。

先日、コンサルタントをしている経営者仲間とお話していた時に

「あるある!」と盛り上がったことがあります。

それは、異業種交流会などで、初めてお会いした「コンサルタント」の方に異常にライバル視されるというか(笑)

ちょっとした会話なのに、言葉にトゲがあることがあります😅

何気なく嫌味を言われたりして・・・

残念ながら相手が悪いです。僕に嫌味は通じませんから(笑)

ネタができた、と喜んでしまったりして🤣

僕も友人も同じような体験をしていて笑ってしまったのですが、

実際にそんな人っているんですよねー

別に僕は皆さんを敵とは思っていないんですけど。

起業したばかりとかでしたら、気持ちはわかるんです。

名刺交換した人、全員と契約する、という意気込みは素敵です!

ただ闘志が前面に出てしまうと相手はどんどん引いていきます。

気合で売れる時代ではありませんから。

コンサルタントと言っても資格がありませんので、いろいろな種類の

人がいます。そして当然ですがそれぞれ得意なことが違います。

僕は営業コンサルタントですが、

財務コンサルタントの人もいればイメージコンサルタント、

webコンサルタント、マーケティングコンサルタント・・・

もう名乗ったらコンサルタントなんです(笑)

その方は交流会に参加している皆さんを取り合っている感覚なのかもしれませんね😆

異業種交流会によっては1/3がコンサルタントという事もあったりします。それをイチイチ嫌味をいって敵にするよりも仲良くなった方が

絶対にプラスです。戦っても何も残りません。

敵を作るよりも仲間を作った方が何の時に助けてくれるかもしれないのに・・・

僕の場合は営業コンサルですから、コンサルタントの方のサポートも普通にさせていただきます。

もっと成果を出すために自分だけではできないことって沢山あります。

同じような仕事をしていても客観的に僕が見ることで

本人が気づかなかったポイントを伝えることができます。

その逆に僕が必要と思ったら、普通にコンサルティングを受けたり、セミナーに行きますよ。お金を払って。

営業コンサルタントなのに営業セミナーに行き、営業コンサルに相談している😁

もちろん、僕が相談をするのは僕に持っていないもの、僕にない経験がある信頼できる人です。

僕が気づかないポイントを客観的に教えていただくとができます。

ビジネスを進めていく上で大切なのはプライドではなくて、

成果ですから。

また自分が学ぶことで、僕のお客様のお役に立てることも

沢山あります。そのために学ぶんですね。

僕のセミナーにも、同じような営業系のコンサルタントの方が

何人も参加してくれています。

お役に立てることがあれば嬉しいですから、どなたでも

参加できるようになっています。

多分その方もその方にない経験を持っている僕のセミナーを聞いて

何かの役に立てているかもしれません。

成果を出していく人はこんな人たちです。

誰からでも学び、すぐに教えられたとおりのやり方で実践する人。

僕が会社員時代は

「市場にはお客様とライバルしかいない」

と思っていました。

僕がいた靴業界は商品の種類によって細分化された業界ですから

ライバルを設定しやすかったんですね。

多分ですが、大型の量販店様の対応できるサンダルの問屋さん、と

いったら日本に10社もないと思います。

それが独立して、しかしコンサルタントという形の見えない仕事

(ちょっとウサンクサイと思っている人も芋かもしれません・・・)

をしていると考え方が変わってきます。

「市場にはお客様しかいない」(笑)

すぐに売れなくても困った時に連絡していただけるのであれば

見込み客様😁

そして相手の方にとっても僕は見込み客。

ね、戦う必要はないんです。

☆営業に不安のある方、営業に自信のない方向けにコンサルティングをさせていただいて

 います。理論だけでなく実践経験に基づいたサポートをさせていただきますので、

 具体的にやるべきことが分かり成果につながります。

☆初回の面談は30分無料(毎月限定5社まで)で対応しておりますので、

お気軽にお問合せください。 

☆企業研修にも対応いたしますので、お気軽にご相談ください。

≪あなたの業績を上げるアイデア、あります。≫

【千の極意を持つ研修講師】

【まごころ営業コンサルタント】

 有限会社種屋 代表取締役 橋本勝彦

 Mail katsuhiko-hashimoto@outlook.jp

 HP https://www.taneya.biz/




閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示