top of page

キャッチコピーって大事ですね

こんにちは。「あなたにお願いしたい!」を実現する、

まごころ営業コンサルタントの橋本勝彦です。



つい先日のこと。

普段はあまり行かない駅に用事があり、妻と娘を

車で送っていきました。


目的地に近くなったところで娘が

「ああっ○○だっ!!!」と歓声をあげていました。


それは全国展開している不動産屋さんでしたが、僕の家の生活圏には

店舗はなく確かに娘は初めて見たと思います。


なんでその店舗を知っていたかと言うと、

TVコマーシャルです。



何をやっている企業かわからなくてもにCMが目に入りますが、

それでその不動産屋さんの店舗名を覚えていたのです。



やっぱりテレビの効果ってすごいなぁと思いましたが、

媒体がテレビにプラスしてSNSやwebの広告になったとしても

たびたび目にするとその会社の事を覚えますし、

わかりやすいキャッチコピーがあると何をやっている会社か?

よくわかりますよね!




これはひとりビジネスをしている方でも一緒です。



テレビCMを使う事はできませんが、自分の周りの方に覚えて

いただきやすかったり、自分を中心とした円の半径が広がることもあります。




僕は2年程前から「まごころ営業コンサルタント」と名乗っています。



実はこれ、自分でつけたのではなく、オンラインで知り合って

仲良くなった方にお声かけいただいてコラボセミナーをやったのですが、その方の会社でセミナーのランディングページを作ってくれたんです。


僕は画像とプロフィールを送っただけであとは甘えてお任せしてしまったのですが、完成したページをみたら僕のキャッチコピーが

「まごころ営業コンサルタント」になっていました😊


聞いてみると、いつも僕と話していたら「まごころ」がピッタリだと思ってと言っていただきました。



それ以来、特に個人事業主の方がいる場では

「まごころ営業コンサルタント」と必ず名乗っています。



正直に言いますと、最初は自分でもピンと来ていなかったんです(笑)



ただ折角つけていただいたキャッチコピーですし、

いろいろな人を見てきた方が僕のイメージでつけてくれたものですから

そのままずっと言い続けていたら・・・



いまは「まごころ営業コンサルタント」以外の何物でもない感じに

なってきました🥰



キャッチコピーに自分がフィットして来た、と言う感じです。



僕の場合はいいキャッチコピーを付けていただいたので

ラッキーでしたが、自分で考えると自分からの目線になってしまうので

相手に伝わりにくくなってしまったり、

他人から見えている自分とギャップが出ることもありそうです。



またいろいろ考えているとヘンテコなキャッチコピ―になってしまう事も

あります。



キャッチコピーは自分のブランディングの一部ですから

何をしているのか?その人だけのサービスとわかるのか?など

相手の方にとってわかりやすい物を考えたいですね!



実は僕は子供の頃からキャッチコピーにはなじみがあるんです😁


それは大好きなプロレスラー達💪


今も多くのレスラーにキャッチコピーがありますが、

ネットの無い時代にテレビで外国のレスラーのキャッチコピーを見て

どんな試合をするのか?ワクワクしながら想像していましたね。



僕達のキャッチコピーもこのようにどんな人なのか?

どんなサービスをしてくれるのか?想像してできればワクワクしていただけると素敵ですよね!



このキャッチコピーって考えて考えて作る場合もありますが、

何気ない会話の中から生まれることも多いんです。


何気なく言った一言に

「それ、いただいていいですか?」と言われて

そのままキャッチコピーになったこともあります😊



いずれにしてもキャッチコピーは自分の事をわかりやすく

表現できますからぜひ考えてみましょう!




☆【まごころ営業術】講座主催


☆営業に不安のある方、営業に自信のない方向けにコンサルティングをさせていただいて

 います。理論だけでなく実践経験に基づいたサポートをさせていただきますので、

 具体的にやるべきことが分かり成果につながります。


☆講演のご依頼、企業研修のお問合せは下記までメールにてお願いいたします。

 (小規模のグループでも対応可能です)


☆【無料】お試しセッション(30分)であなたの課題や セールスポイントを見つけましょう!


◎お問合せは下記メールかDMにてお待ちしております!

≪あなたの業績を上げるアイデア、あります。≫

【まごころ営業コンサルタント】

 有限会社種屋 代表取締役 橋本勝彦



最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page