やってみることが大事

こんにちは。種屋の橋本です。

昨日まで、弊社主催のセミナーを行っていました。

(ご参加いただいた皆様、ありがとうございます)

どのセミナーでもお話しするのですが、

何かを得ようと思いセミナーに参加したのですから、

聞いて終わりではもったいないので、

一つでもいいから実行してみましょうと。

実際に実践してみないと、いいものか、よくないのか?

自社に合っているのかどうか?分からないのです。

いきなり全社の大きな改善は始められないかもしれませんので

まず、自分が簡単にできることから始めてみましょう。

すぐに行動できるかどうか?はそのまま成長のスピードに

繋がります。

人にはいろいろなタイプがあって、好奇心が旺盛なタイプは

このすぐに行動することが抵抗なくできますが、

理詰めで考えて納得しないと動けないタイプもいます。

これはタイプの問題ですから、

どちらがいいとか悪い、ではありません。

自分がどちらのタイプだとしても、学んだ事を早く身に付けるには

やってみることが早いのも事実です。

理論よりも実践。

本をいくら沢山読んでも自転車に乗れるようにはなりません。

何度も練習し、転んでだんだんと乗れるようになってくるんですね。

僕はどちらのタイプ?

僕は考える前に動いてしまうタイプです。

これは、「新しいことを体験したい欲」が強いのだと思います。

前職の頃、仕事の関係で、年に何度も中国に出張に行っていました。

中国に行くと現地のエージェントの方が食事に連れて行ってくれるのですが、僕と一緒に行っていたデザイナーは僕と逆のタイプで、出てくる料理の材料はなにか?いちいち聞いてから食べていました。

そして材料がわかったら、チョビットだけ食べて味見をしてる。

そんな性格がわかっているエージェントがちょっと変わった料理が

食べられるお店を探して連れて行ってくれていたんです。

ビビりながら食事をしているところをからかいながら見て

お酒のつまみにして楽しんでいた(笑)

そのデザイナーは僕が何でもぱくぱく食べてるところを見て

いつも不思議そうな顔をしていました。

「橋本さん、それって何の肉か知ってます?」

僕「いや、分からないけど、おいしいですよ!」

こんな会話を何度したことか😁

ぼくは何の肉であれ、おいしいかどうか?の基準で考えているので

すぐに箸が伸びるんですね。

新しいものを体験したい

今、考えると、本当にそれが何の肉だったのか?中国人の

エージェントも正解がわからなかったケースもあったかもしれません。

(確か段ボール肉まんとか騒がれていたことのような気がします)

まぁおいしかった料理が多かったですし、お腹も壊さなかったので

いい経験と思います。

こんな性格なので、飛込の営業も抵抗はありませんでした。

これもやってみないと分からない。

ブランドを立ち上げたとき、ブランドイメージに合う街の地図を

プリントし、駅を中心に蛍光ペンで範囲を囲いその中のお店全部に

飛び込み営業をしていました。

東京のいくつかの街で。

ある程度やった後、検証し、この方法では売れないとわかったので

違う方法を思いつき、成果が出たので無駄にならなかったのですが、

このときもまずやってみよう、と思い行動に移すことができました。

今の仕事を始めてからは、いろいろな方とのご縁をつないでいきたいと

思い、まずどこにでも足を運ぶことを考えています。

動けばなにか変化するキッカケが生まれることもあります。

もちろん何も起こらない場合もあるのですが、

行動しなければ、何かが起こる可能性期は限りなく0%。

行動すると、何か起こる可能性は0%より上に上がります。

動ける範囲でまず始めてみること。

これはお仕事でも、プライベートでも一緒です。

是非、実践してみてください!

☆弊社への研修のご依頼、お問合せは

  下記までメールをお願いいたします。

   有限会社種屋 代表取締役  橋本勝彦

   mail katsuhiko-hashimoto@outlook.jp

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示