たくさんのありがとう

こんにちは。種屋の橋本です。

皆さんは、一日に何回ぐらい「ありがとう」を言っているでしょうか?

数えている人はあまりいないと思いますが、

なんとなく、沢山言えた方が幸せな感じがしますよね!

ありがとうってどんな時に言うのか?を考えてみると

回数が増えるかなぁと思います。

人は自分でできない何かを相手の方にしていただいたときに

ありがとう

を言います。

人は一人では何もできません。

誰かに何かをしていただかないと生活もろくにできない。

だから、いろいろな人にありがとうを言います。

コンビニで買い物をしたときは、店員さんよりも先に

ありがとうを言います。

店員さんが会計をしてくれなかったら、買い物はできませんから。

勿論、その後ろには、商品を作ってくれた方や、商品を運んでくれた方など沢山の人がかかわっています。

牛丼を食べたら、お店の方にありがとうを言います。

おいしい牛丼をいただいたお礼です。

おかげでお腹がいっぱいになった!

僕は牛丼は作れませんし、お米も作れません。

ましてや、あの美味しい味付けなんてできません。

僕が以前、勤めていた会社では、サンクスカードというしくみを使って

社員同士でありがとうを伝えあっていました。

名刺ぐらいのカートを作って、何かしてもらったときに感謝の言葉を

書いて相手に伝えていたんです。

仕事を手伝ってくれてありがとう。

会議の準備をしてくれてありがとう。

お客様に喜んでいただける企画をしてくれてありがとう。

飲み会の後などは。このサンクスカードが飛び交います😊

とても嬉しい光景です。

実は、決まりがあって、

幹部社員は毎月10枚、

一般社員は毎月5枚

パートさんは毎月3枚を書かないといけないルールになっていました。

感度の鈍い社員は、このノルマもかけずに苦労していました。

そのうち「サンクスカードを書いてくれてありがとう」なんて

書いて出していました。

それでも出さないよりはマシです。

どんなありがとうでも伝えた方がいい。

そして毎年、決算時に行う式典で

沢山感謝された人と、沢山感謝した人が表彰されていました。

(金一封がいただける)

こんなことを書くくらいですから、僕は当然、沢山感謝したほうで

毎年表彰していただいていました。

(賞金は部下と飲みに行ってつかっていました)

年に1000枚から、1300枚ぐらいカードを書いていましたので

毎月100枚ぐらい(笑)

電車で移動中とか、出張中のホテルとか、時間があれば

カードを書いていました。

僕はこの時間を仲間に感謝させていただく時間、と思っていました。

月別に集計をしていくのですが、この仕組みが始まってから、

仲間が頑張っているところを必死で探すようになりました😉

いいところを探すって楽しいんですね。

今は一人で仕事をしていますので、当時よりは感謝を伝える数は

減ってしまっているかと思いますが、

出会った方や家族に沢山感謝を伝えています。

とくに、ご縁って本当にありがたいなぁと思います。

交流会やセミナーで出会ったご縁や、

昔から続くご縁。

今はSNSでつながっているご縁もありますね。

僕の場合は世界、とまでは行きませんが、

日本全国の仲間といつもつながっている感じがします。

僕は結構独りぼっちでも大丈夫な人なのですが、

やっぱり一人では何もできないことも知っていますので、

いつもご縁に感謝をしています。

こんなパパの子供達も同じ様にお店でありがとう、と言うように

教えています。

買い物に行くと、親子で店員さんに

ありがとうを伝えています。

大きくなっても続けてくれればいいのですが・・・

ありがとうを伝えると相手の方はきっと嬉しいし、

自分ももっと嬉しいのです。

今日もたくさんのありがとうを伝えます。

☆弊社への研修のご依頼、お問合せなどは下記までメールにて

 お願いいたします。

 (有)種屋 代表取締役 橋本勝彦

 Mail katsuhiko-hashimoto@outlook.jp

 HP https://www.taneya.biz/


1回の閲覧0件のコメント

© 2023 by CONSULTING SOLUTIONS.(商標登録の例)Wix.comで作成したホームページです。

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon