こだわりのカラー

こんにちは。種屋の橋本です。

あなたの好きな色は何色ですか?

人それぞれに好きな色があります。

理由はそれぞれです。

一番多い理由はなんとなく、だったりしますが

そのなんとなく、で洋服の色だったり、車の色だったり

文房具の色を決めたりします。

色は言葉よりも最初に印象に残ります。


種屋は名刺などにグリーンを使っています。

なんとなく、ではなく、

人財という種を育てて、沢山の葉が繁るように!

我が家の長男は赤が好き。

人生ゲームもいつも赤の車です。

なぜ赤が好きなのか?理由は本人もよくわからないみたいですが、

きっと大好きだった戦隊物のスーパーヒーローはレッドが主役だからかな?

小学生の娘はパープルとブラックが好き。

お姉さんみたいなカラーだから、だそうです(^_^)

以前、僕が研修を受けていた会社の社長様は

赤が大嫌いでした。

赤字になるから、だそうです。

その会社は、昔「来期は皆で燃えて仕事をするぞー」と思い

社員に配布する手帳の表紙を赤にしたら、その期は赤字になってしまったそうでそれ以来、赤が嫌いになってしまったそうです。

逆に最近、僕が色々と学ばせていただいている会社の社長様は赤が大好き!

燃える炎の色だから!

営業が燃えていないと、お客様も燃えてこない!

同感です!

燃える闘魂、アントニア猪木さんも赤のイメージですね!

そういえば僕が前職の靴のメーカーにいたとき、出張商談の際のサンプルを入れるスーツケースは必ず赤にしていました!

会社にスーツケースは3色あったのですが

赤はほとんど橋本専用でしたね😁

特に新規様に行くときは、赤のセーターとかピンクのシャツとかをわざと着ていっていました。

スーツの時は、赤のスーツ!

ではなく😜赤のネクタイです。

人って心理的に赤を見るとは気分が高揚します。

青は冷静になります。

だから少しでもお客様の気分を上げて発注をいただくために

そうしていたんですね。

冷静になってしまうと新しい事にチャレンジしなくなります。

スーパーとかの看板やチラシで赤が

多く使われているのは同じような理由だと

思います。

今、思いましたけど、闘牛士が持っている

旗も赤でしたね😁

牛も燃える色です!

そのように色ってこだわって選んでいると

意味を持ち、こだわり続けるとその人や

会社、商品のイメージカラーになります。

結構、これって大事なことです。

スマホを選ぶときに、オレンジと赤と白の売り場があれば、自分の欲しい会社の売場をすぐに探せますよね!

僕が靴のブランドを始めたとき、色についてやらないこと、を

最初に決めました。

ナチュラル系のデザインの女性向けの商品でしたのでピカピカとか

原色は使わない、とか

文字は黒は使わずにダークブラウンにする、とかです。

当時の会長に、今年はゴールドがトレンドカラーで縁起がいい色だから、ゴールドの商品を作って欲しい、と指示されたことがありましたが、頑として作りませんでした。

それならこのブランドはやめます、と言っていました。

すべてにおいてこれを守っていくと

ブランドイメージを固まって来てファンが増えてきました。

特に企業様でしたら

自社のイメージに合った色を上手く使って

見ることを考えてみましょう。

覚えてもらいやすくなり

ビジネスに繋がることもあると思いますよ!


1回の閲覧

最新記事

すべて表示

ライブですね、やっぱり

こんにちは。種屋の橋本です。 昨日は、東京商工会議所・豊島支部様主催のセミナーで お話しをさせていただきました。 このセミナーは当初、3月に行う予定でしたが、 コロナの影響で延期なっており、やっと開催できた感じです。 受講いただきました皆様、ありがとうございました。 今回のテーマは営業力アップです。 「お客様があなたのファンになる営業の極意」 僕の体験事例を10個ぐらいご紹介しながらのセミナーに

昭和だなぁ

こんにちは。種屋の橋本です。 先日行いましたセミナーで、マネージャー職の育成の前提として まず、自分と違う世代の人と一緒に仕事をしていることを 認識しよう、とお話ししました。 その際にちょっと昔話として、僕が就職したころの環境を ご紹介したのですが、そこで「クスッ」と笑ってくれた方は きっと同年代です(笑) 例えば、 ・会社にパソコンはなく、始末書などは手書きかワープロ ・携帯もポケベルもない。

道徳の授業を受けました。

こんにちは。種屋の橋本です。 昨日は、月に一度の上の子の中学の公開日。 事前の連絡では3時間目の道徳は、ぜひ見に見て欲しい、という 内容でした。 天候が悪かったことや、公開日が2回目だったこともあり うちの子のクラスでは見学者は僕を含めて二人だけでしたが、 参加させていただく気持ちで見学をしていました。 道徳のテーマは「いじめと差別について考える」ことでした。 なぜ、いじめが起きるのか? そしてど

© 2023 by CONSULTING SOLUTIONS.(商標登録の例)Wix.comで作成したホームページです。

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon