いろのちから

こんにちは。種屋の橋本です。

企業とか商品にとって、イメージカラーが

あることはとても大切です。

イメージカラーを皆が知ってくれていると

色を見ただけで、その企業を思い出してくれます。

商品やブランドを企画するときは、ブランドのイメージカラーを決めます。そしてサブカラーも。そのブランドに関する物を作っていくとき、 イメージカラーを中心に組み立てをしていきます。

例えば、黒とオレンジでは、ジャイアンツを

思いますし、黒と黄色ならタイガース。

ちょっとだけ野球を知っているとこんな風に思い出します。

街を歩いていると、グリーンの看板が目に入るとスターバックスかな?とか ピンクの看板だとイオンかな、とか。

とても分かりやすいですね。

今は黒と緑の市松模様がトレンドでしょうか(笑)

また、色ってステータスを表すときにも有効です。クレジットカード等はゴールドとか、プラチナ、ブラックもあります。

免許もそうでしたね。

僕はゴールド免許になるまで、何年もかかりましたので、やっぱり嬉しいのです。❨今回は免許の更新の待ち時間に書いています❩

イメージカラーを作って覚えていただくって時間がかかります。

大手企業なら広告等を使い周知できますが、

誰もができるわけではありませんね。

ただ、誰もがイメージカラーを作ったほうがいいわけではありません。

それぞれが自分の好きな色、似合う色を選べばいいんです。

僕の娘のお友達は、夏はいつも同じTシャツを着ています。

ジャイアンツのある選手のTシャツです。その子は野球を

やっていますので、その選手が大好きなのはわかります。

あるとき、毎日同じTシャツを着ている事に疑問を感じたクラスメイトが

聞いたそうです。たまには洗濯したほうがいいんじゃないかと。

そうしたら帰ってきた答えが、

「同じTシャツを6枚持ってる!」

毎日洗ったものを着ていたそうです。

ここまでこだわってくれるとなんか嬉しい感じです😜

まわりの大人は、いつも〇〇選手のTシャツを着ている子、と

覚えています。見事なブランディングです。

仕事の場面では色を有効に活用できたらいいですよね。

色で自分をブランディングできることもあります。

僕は講師として人の前でお話をすることがありますし、コンサルタントとしてご相談を受けることもありますので、仕事の時はいつも落ち着いた色のスーツです。ネイビーが多いですね。

シャツやネクタイもそれほど派手なものは身につけません。

これは少しでも信頼できる人、というイメージを持っていただきたいから。中身で勝負、という方もいると思いますが、人は相手の事を見た目で判断します。

「品」も大事ですよね。

相手に不快感を持たれないようにするには

この「品」を意識するといいと思います。

たまに異業種交流会などで、「品」をあまり感じられない

スーツなどを身に付けている方を見かけます。

柄が派手だったり、来ている方が若すぎて分不相応だったり。

・・・なんか、胡散臭い感じがしてしまうのは僕だけでしょうか?(笑)

余程、有名な方でしたら個性、ということになり、受け入れる方が

いるのですが、それほどでもなければ、損をしてしまうことになります。

自分が面白い、とかつまらない、ではなく相手の方に

どう見えるのか?がとても大切だと思います。

僕が大切にしていることは「品」プラスちょっとだけの遊び心。

ネクタイはパット見ると普通の柄ですが、よく見ると

小さく変わった柄が入っていたりします😉

またペンケースも楽しいデザインの物を使っています。

大切なことはデザインもカラーも相手のが見るもの、と

意識すること。

どんなふうに思っていただきたいか?

ちょっととだけ意識してみませんか?


最新記事

すべて表示

楽しく取り組む「しくみ」

こんにちは。種屋の橋本です。 どうせ何かをやるなら楽しんで取り組んだほうがいいですよね! それが仕事でも。 もちろん、仕事は真面目に取り組みますが ちょっと遊び心をいれるだけで モチベーションが上がり、成果も上がる事があります。 例えば、営業の販促キャンペーンの成果を グラフにして貼り出したりしますが、 これを楽しく装飾したり、景品をつけたり。 少しだけ経費はかかるかも知れませんが、社内の雰囲気が

こうすれば行動できました!

こんにちは。種屋の橋本です。 すぐに行動を始めよう!と先日、ブログに書きましたが 皆様からの心の声が聞こえてきました(^.^) 「わかっているんだけど、それができないから困ってるのよ!」 そう、やろうやろうと思っていても、 そろそろやらなきゃいけないと思っていても、 手をつけられない事ってありますよね。 僕にもあります。 僕の場合どうしているか? ご紹介させていただきます。 僕が苦手としているのは

やってみることが大事

こんにちは。種屋の橋本です。 昨日まで、弊社主催のセミナーを行っていました。 (ご参加いただいた皆様、ありがとうございます) どのセミナーでもお話しするのですが、 何かを得ようと思いセミナーに参加したのですから、 聞いて終わりではもったいないので、 一つでもいいから実行してみましょうと。 実際に実践してみないと、いいものか、よくないのか? 自社に合っているのかどうか?分からないのです。 いきなり全

© 2023 by CONSULTING SOLUTIONS.(商標登録の例)Wix.comで作成したホームページです。

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon